ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三野明洋×高橋健太郎、著作権法の視点から音楽業界の問題点を考える講座を開講

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三野明洋×高橋健太郎、著作権法の視点から音楽業界の問題点を考える講座を開講

オトトイの学校では、著作権法の視点から音楽業界の問題点を考える“やらまいか魂学”を開講する。その講座開設イベントを第0回として、12月9日東京・メディアラボ 渋谷スペース ミューズモード音楽院 本館にて開催する。この講座は、来年1月から3月に渡る全4回で、第0回のみ無料となる。

本講座の講師である三野明洋氏は、著作権管理団体、イーラインセンスの取締役会長であり、JASRACが独占していた著作権等管理事業を20年間かけて開放に向けて動かしてきたキーパーソン。

エイベックスがイーライセンスとJRCを傘下にし、事業統合してJASRACの独占を大きく揺るがす民間の著作権管理事業が作り上げられようとしているタイミングだが、そこで音楽著作権とは何か?それを軸としてこれからの音楽ビジネスはどうなるのか?をこの講座では掘り下げる。

イベント情報
やらまいか魂学
開催日時:
 第0回:2015年12月9日(水)19:30~21:00 無料講座
 第1回:2015年1月27日(水)19:00~21:00
 第2回:2015年2月10日(水)19:00~21:00
 第3回:2015年2月24日(水)19:00~21:00
 第4回:2015年3月2日(水)19:00~21:00
開催場所:メディアラボ 渋谷スペース ミューズモード音楽院 本館

講師:三野明洋、高橋健太郎
講座紹介:本講座は、「やらまいか魂〜デジタル時代の著作権20年戦争〜」の出版を記念し、著作権業界を動かした規制改革・法律改正、独禁法最高裁判決までのストーリーをノンフィクションで語りながら、受講者と共に、著作権法の視点から現代の音楽業界の問題点を徹底的に考える勉強会。苦戦中の音楽業界で一矢報いたい方は、本講座で著作権のことだけでなく、音楽ビジネスの要諦、ヤマを動かす秘訣を学びとっていただきたい。
詳細・申し込み:http://ototoy.jp/school/event/info/186

料金:事前申し込み:3,000円(税込/1回分)、11,000円(税込/全4回分)
※「やらまいか魂 〜デジタル時代の著作権20年戦争」が、受講料に含まれる。
※既に「やらまいか魂 〜デジタル時代の著作権20年戦争」をお持ちの方は、事前申し込み:2,000円(税込 / 1回分)(初回申し込みした回のみ)、10,000円(税込/全4回分)で受講出来る。差額は、当日にキャッシュバック。
定員:50名

関連リンク

OTOTOYhttp://ototoy.jp/music/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。