ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新コミュニティラジオ局“渋谷のラジオ”パーソナリティの“OSA”に谷村新司就任

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年春に開局予定のコミュニティFM局“渋谷のラジオ”記者説明会が12月3日、都内スタジオで行われ、谷村新司と野宮真貴が番組のパーソナリティを務めることが発表された。

 “渋谷区地域密着と世界最先端の放送局”である“渋谷のラジオ”は、“ダイバーシティ、シブヤシティ”をテーマに、渋谷区から全国、そして世界に向け情報を発信し、世代や性別を超えた、時代の一足先を行くことを目標に掲げている。

 当ラジオ局設立のため、現在改装中のスタジオで行われたこの記者会見には“渋谷のラジオ”理事長の箭内道彦の他に、ラジオパーソナリティを務める谷村新司と野宮真貴、渋谷区商店会連合会会長の大西賢治が登場。箭内は、「ラジオの持つ一対一から生まれるものが、今この時代に必要なのではないかと強く思います。また、東日本大震災後、災害FMのみならずラジオの大切さを知りました。ラジオが側にいてくれることの心強さと、果たしてくれる役割は震災後とても大きな存在でした」と、ラジオ設立のきっかけを述べた。

 この“渋谷のラジオ”は学校というコンセプトのもと、番組名は全て“渋谷○○部”、話し手達は“センパイ”と呼ばれ、リスナーが様々な“センパイ”の“コウハイ”になることが出来る。そのセンパイの “OSA(長)”を務める谷村は「“皆さん”ではなく、聞いている一人一人に、“君”と呼びかけるように、一対一で、そして耳だけでイマジネーションを膨らませられるようなラジオにしたい。数字や視聴率、聴取率を気にするのはもう要らない。そういうものから解き放たれた、争いのない場で素敵なものがつくれたら最高だと思う」と、ラジオ開局に対する熱い意気込みを語った。

 また、90年代に渋谷系ムーブメントを巻き起こし、現在も渋谷系ミュージックで活躍、さらにファッションアイコンとしても知られる野宮は、美化委員として番組内で“美しさ”をテーマにした内容を贈る予定だ。さらに、箭内によると、開局後毎夜7時には野宮が3代目ヴォーカリストを務めたピチカート・ファイヴの「東京は夜の七時」がフルでオンエアされる。

 その他に、画家の奈良美智や女優の樹木希林、HKT48メンバーの指原莉乃、さらには渋谷消防団団長や原宿のガレット屋勤務の女性、神宮前2丁目で生活するLGBTの愉快な仲間たちなど、著名人や渋谷区在住のちょっとした有名人が今後出演する予定。内容やその他のセンパイは今後も続々と発表される。また、学校というコンセプトの発起人であり、当ラジオ出資者でもある福山雅治も、何らかの形でラジオに関わっていく可能性も示唆された。

◎「渋谷のラジオ」概要
2016年春開局予定
周波数:87.6MHz
送信範囲:渋谷区全域
インターネット配信、PC・スマホ対応予定

関連記事リンク(外部サイト)

野宮真貴が渋谷ハチ公前広場 イルミネーション点灯式に登場 クリスマスツリーに見立てたヘアスタイルも披露
野宮真貴、Billboard LIVEにて“フレンチ渋谷系”を歌う。ミュージック、カクテル、ファッション…視覚や味覚でも楽しめる大人のエンターテイメントを披露
野宮真貴、新アルバム全曲試聴や「詳しすぎる渋谷系。」解説が現在公開中

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP