ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TUBE、春夏秋冬シングル企画第4弾・冬シングル「灯台」MV完成 短編映画化企画も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TUBEデビュー30年のアニバーサリーイヤーを飾る、春夏秋冬連続シングルリリースの冬編、12月16日発売「灯台」のミュージック・ビデオが完成した。

“春・夏・秋・冬シングルのミュージック・ビデオを通して観た時にじんわりと心に沁みる一編の映画が完成する”というコンセプトのもと、春シングル「いまさらサーフサイド」、夏シングル「SUMMER TIME」、秋シングル「TONIGHT」と、これまで、2015年の現在と、TUBEがデビューした30年前の1985年の2つの時代、2組の恋人たちの物語がファンタジックに展開。ついに、今作では恋人たちを待ち受ける運命が鮮やかな輝きの中で描かれる。

監督・キャストも引き続き、「恋するマドリ」「でーれーガールズ」などを手掛ける女性映画監督・大九明子。そしてヒロイン役は、10月より放送中TBS金曜ドラマ「コウノドリ」、来年4月公開『ちはやはふる《下の句》』。更にCX「正直女子さんぽ」などバラエティ番組でも大活躍中の大型若手女優・松岡茉優。そして今回、物語の鍵を握る謎の少女として、大人気子役・谷 花音がゲスト出演している。時空を超えた松岡との美しいシーンにも注目だ。

アニバーサリーイヤーの最後を飾る冬シングル「灯台」は、これまでの30年に渡る自らの軌跡と、支え続けてくれたファンへの感謝の想いを綴った、ハートフルで美しいメロディーが印象的な珠玉のバラード。

1985年、恋人の別れを決断したももの、松岡茉優演じる主人公・夏歩の心は、江ノ電とともに揺れていた。
一方の2015年でも、夏歩の娘を幻の如く失い、その影に翻弄される恋人が空しく江ノ電に揺れる。
恋人との想い出を整理するため、夏歩が捨てた一本のカセットテープ。
湘南の街を行き交う人々に蹴られ、蹴られて、やがて海へ。
波打際で拾い上げたその主こそ、TUBEだった…。

今回、TUBEメンバーは“音楽の守り神”として物語の中で重要な役割を演じている。「夏=TUBE」のイメージが色濃いTUBEにとって非常に珍しい、“コートにマフラー”という冬服に身を包んだメンバー出演シーンは、11月下旬の冷たい秋風が吹く湘南で撮影が行われた。

雪降る湘南の海をバックにスタッフ・豪華キャストが一丸となって完成させたアニバーサリープロジェクトのフィナーレを飾る“絆”の物語、ついに完結。なお、来年には“春・夏・秋・冬シングルの4作のミュージックビデオを基に、一編の短編映画化する企画も現在進行している。

また、「灯台」ミュージック・ビデオ フルver.はTUBEのOfficial YouTubeにて、12月4日〜12月10日の1週間限定で公開されている。

TUBE「灯台」ミュージック・ビデオ フルver.

リリース情報
シングル「灯台」
2015年12月16日発売

初回生産限定盤A AICL-3012~AICL-3013 2,200円(税込)

初回生産限定盤B AICL-3014~AICL-3015 1,800円(税込)

通常盤 AICL-3016 1,300円(税込)

関連リンク

TUBEオフィシャルページ:http://www.tube-net.com/
■TUBE Official Facebookhttps://www.facebook.com/TUBE
TUBE Twitterhttps://twitter.com/tube__official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。