体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハウステンボスに分譲住宅が!? 中古でも高く売れるワケ

ハウステンボスに分譲住宅が!? 中古でも高く売れるワケ

オランダの街並みを再現した長崎県佐世保市のハウステンボス。大村湾に面したこの施設の敷地内に、住宅街が併設されているのをご存じだろうか。築23年の中古住宅にもかかわらず、価格も上昇し、コンスタントに買主がつくその魅力を取材した。
オランダ人が一生に一度は住んでみたいと夢見る街! 庭先にボートをとめられる家

ハウステンボスの東側に位置する住宅街「ワッセナー」。オランダ・アムステルダム郊外の住宅地「WASSENAAR」をイメージして、1992年のハウステンボス開業当時から運営されている。建物の外観は、伝統的なオランダ家屋をモデルにしており、戸建住宅は130区画、低層タイプのマンションは120世帯。別荘として利用している人が7割、定住者が3割で、会社の保養施設として活用しているオーナーも多い。ハウステンボスと調和のとれた景観で、ヨーロッパの住宅街に迷い込んだような美しい街並みだ。

【画像1】6割の戸建住宅には桟橋も設置。家の前に広がる運河にクルーザーを横付けし、クルージングや海釣りを楽しむ住民も多い(写真撮影:岸本みなこ)

【画像1】6割の戸建住宅には桟橋も設置。家の前に広がる運河にクルーザーを横付けし、クルージングや海釣りを楽しむ住民も多い(写真撮影:岸本みなこ)

ワッセナーが完成したのは1992年のこと。一般的に、築20年を過ぎた戸建住宅は資産価値がほぼゼロになるといわれているが、築23年のワッセナーは、下がるどころか近年では価格が上昇している。例えば一戸建て。販売当初は7000万円だったが2002年には2000万円にダウン。しかし、2015年には1000万円アップし、3000万円で販売されている。都心の一等地ならありうる話だが、特殊な環境にもかかわらず、なぜアップしているのだろう。

【表1】2002年以降、土地の価値が上がったことにより物件全体の価格も上がっている。価格の推移はハウステンボスの経営状況も影響しているそうだ(出典:ハウステンボス・技術センター株式会社)

【表1】2002年以降、土地の価値が上がったことにより物件全体の価格も上がっている。価格の推移はハウステンボスの経営状況も影響しているそうだ(出典:ハウステンボス・技術センター株式会社)一戸建てにも共益費!? 資産価値アップの鍵は「住宅環境の管理」

「運河と緑に囲まれた美しい住宅環境が一番の魅力ではないでしょうか」。そう話すのはハウステンボス・技術センター株式会社の岳本忠晴さんだ。「国内の海際の土地は、家を建てようとしても台風や高潮対策として防波堤などがあり、国の管理地となっているのが一般的です。しかしワッセナーの場合、外海は湖のように穏やかな大村湾。住宅前の運河は、水門の開閉によって運河の水位を一定に保つだけでなく、水質も管理しています。護岸はコンクリートではなく、自然石を積み上げ、自然と調和した美しい住環境をつくり出しています。このような恵まれた環境は、日本中探してもそうそうありません」
それに加え、建築協定による家屋のデザインの統一や緑化協定による植栽の管理規約が設けられていることにより、開発当初から景観が維持され、23年たった今でも魅力的な街並みが広がっている。

【画像2】港町の漁師の家をモデルに設計した家屋。「窓は縦長」「外壁の色調は白系かグリーン系」など、すべての戸建住宅のデザインは建築協定をもとに設計されている。電柱は地下に埋め込まれているため、映画のセットのような風景が広がる(写真撮影:岸本みなこ)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy