体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マーク・ザッカーバーグと妻が「娘」に贈った一通の手紙(全文あり)

151204_zuckerberg-kid

マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向けて書いた手紙が添えられていました。

これから生まれてくる我が子の未来を想った内容には、彼が思い描く未来の姿や彼女への愛情が詰まっています。たとえばこんなことが書かれていました。

・世の中は日々進歩している
・病気のない世界を築く
・教育や医療、権利を平等にする
・人間の可能性から限界を取り払う
・世界のリーダーに協力する
・世界中の人々を繋ぎ、強く健全なコミュニティをつくる

長文ですが、以下にその一部を紹介します。

「娘への手紙」

//

Priscilla and I are so happy to welcome our daughter Max into this world!For her birth, we wrote a letter to her about…

Posted by Mark Zuckerberg on 2015年12月1日

 

親愛なるマックスへ。

お母さんとお父さんは、希望に満ち溢れた未来を思い描いています。健康で幸せなら、人生をもっと自由に冒険できるでしょう。

ぼく達はきみから、”どんな世界を生きて欲しいか”を考えるきっかけをもらいました。親なら誰でも思うことですが、子どもには今よりももっと暮らしやすい世界で成長して欲しいと思っているものです。

ニュースで取り上げられるのは、何がおかしいのかばかりです。でも、世界はどんどんよくなっています。健康への課題は少しずつ解決されているし、貧困も減っています。みんなの知識も向上しているし、人と人との繋がりも増えています。あらゆる分野でテクノロジーが進歩しているから、きっときみの人生は今よりずっとよくなるはずです。

ぼく達が頑張るのは、次の世代に生きるすべての子どもたちを愛し、責任を持っているからです。命はすべて平等だと信じています。それは、未来に生きる人々も同じです。ぼく達の社会には、これからの世界に投資して生活をもっとよくしていく義務があります。だけどぼく達は、大きなチャンスやきみの世代が直面するはずの問題に対して、資産をうまく割り当てられていません。

271845803

病気のことを考えてみましょう。今は病気の”治療”のために、研究費の50倍以上の資金を費やしています。が、もっと研究に投資すれば、初期段階で防止できるはずです。
医学が科学的に進歩し始めてから、まだ100年と経っていません。一方で、すでに治療できるようになった病気もあります。

技術の進歩は加速し、予防接種や治療法も素晴らしいものになりました。次の100年では、さらによくなるはず。

今、もっとも多い死因は、心臓病、ガン、脳卒中、神経変性、そして感染症の5つです。でも、きみの子どもが生きる時代には、そんな病気で苦しむことはなくなるかもしれません。

ぼく達は、そんな未来を作るためにもっと課題解決に投資していく責任があります。お母さんとぼくは、その役割の一端を担いたいと思っています。

病気を失くすには時間がかかります。5年や10年という短い期間では、大きな違いは見えないかもしれません。でも、きみ達ならいまは想像することしかできないような世界をその目で見ることができるでしょう。病気に苦しむことがない暮らしを。

こんなチャンスが他にもいっぱいあるんです。もし、多くの挑戦にもっとエネルギーを注げる社会であれば、きみの世代の人々はもっと素晴らしい世の中を生きることになるはずです。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。