ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雑誌の購読スタイルを変える!?インディーズ雑誌版Spotifyに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽ストリーミングサービス「Spotify」や、動画配信プラットフォーム「Netflix」など、毎月一定の料金を支払えば、好きなものを好きなだけ楽しめる定額制ストリーミングサービスが世界的にヒットしている。近年、デジタルコンテンツの課金モデルのひとつとしても、その地位を確立しつつある。

・インディーズ雑誌の“Spotify”

定額制ストリーミングサービスの仕組みをインディーズ雑誌の分野に導入したのが、ロンドン発のオンラインプラットフォーム「Readbug(リードバグ)」。

英国内の読者を対象とし、月額利用料5.99ポンドで、ファッション誌「AnOther」やアート誌「Elephant」、デザイン誌「Frame」など、およそ50誌の記事コンテンツを、スマートフォンやタブレット端末で自由に閲読できる仕組みだ。

・流通チャネルの多角化によって、新たな読者層へリーチ

インターネットやウェブメディアなどの進化に伴って、雑誌業界は、厳しい経営環境に置かれている。

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査レポートによると、全世界の一般誌の購読料収入は、2014年は375.9億ドルであったが、5年後の2019年には、9%減の342.2億ドル規模に落ち込むとみられている。

「欲しい情報に、いつでも、どこからでも、すぐアクセスしたい」という読者ニーズに対して、紙媒体を中心とした従来の雑誌は、十分に応えられていないのが現状。

Readbugのようなサービスを活用することで、情報やコンテンツの流通チャネルを多角化できれば、読者の利便性を高めるのみならず、新たな読者層へのリーチをも期待できるだろう。

Readbug

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP