体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「健康」と「エンジニア」はナイスな関係?クライミングはパフォーマンスチューニングだ!

チューニングもクライミングも環境再現が”キモ”

自分の体も仕事もグッドなほうに持っていこう、というこの企画。第一回の今回は、隙さえあれば岩壁を登りに(クライミング)に行っちゃうエンジニア・山上健一さん(@kappaLab)に、健康の秘訣を聞いてみた!

クライミングの世界とプログラムの世界は実は近かった!(山上さんのブログ:http://rocas.in/

「僕はボトルネックを見付けて解決するパフォーマンスチューニング作業が好きなんです。処理の重いプログラムを見て、何が原因なんだ? と、何度も考える。そして、ふっと解決法が見えた時のブレークスルー感。この感じがたまらなく好きなんですよね」

そう語るのは、もともとFlashのエンジニアとしてキャリアを積み、ここ数年はフリーのUnityエンジニアとして、ゲーム開発を主戦場に実績を積んでいる山上健一さん(写真)。

山上健一さん

現在おもにUnityによるゲーム開発を主戦場とするエンジニア山上健一さん。取材当日は秋も深まっていたのだが、半袖だし、腕が太い!

彼が好きなのは何もゲーム開発における「パフォーマンスチューニング」だけではない。

「仕事が終わったらボルダリングジムに通うのが日課ですし、できるだけ週末は外岩(ジムの外の自然の岩という意味らしい)に向かうようにしています。外岩でうまくパス(クライミング)できなかった部分を抽出して、ジムで再現して、うまくいかなかった原因を分析する。まさに、これはチューニング作業で、楽しくてしょうがない」

そう、彼は「プログラム」だけではなく、クライミングというスポーツを通して「岩壁」もデバックするのだ。

と、突然、山上さんの「クライミングはパフォーマンスチューニングだ!」という話から始めてしまったが、スポーツ知識量の少ない読者のためにクライミングについて少々解説しよう。

クライミングは、文字通り素手で岩を登る競技(写真参照)。個人的にはシルベスタ・スタローンの「クリフハンガー」という映画で「素手であんな高いところまで登るとか、ありえない」と脳裏に刻み込まれた他、そのパロディ漫画「栗ゴハンがー!」(崖の上から、栗ごはんを落としてしまったようだ)で、一生忘れられないギャグを生み出してくれたスポーツである。

話が脱線しそうだが、人工の壁を登るスポーツクライミングは、2020年のオリンピック追加種目として提案されるや、一躍一般の人の認知度もアップしたし、実際、現在競技人口は50万人と、ここ数年で大幅に増えている。それに比例して、壁一面にカラフルな「ホールド(岩壁の凸凹に模した突起)」を備えた、クライミング専用のジム「ボルダリングジム」も急激に増えているので、まちなかでそういったジムで多くの人が壁を登っているのを目撃した人も多いのではないだろうか?

ボルダリング

最近、ボルダリングジム、増えましたよね?

山上さんに話を戻すと、プログラマーの彼はなぜ強烈にクライミングに魅了されるのか?

「パフォーマンスチューニングの難しいところは、実は解決よりも状況を再現することなんですね。この端末でこの条件なら問題ないのだけど、その他ではパフォーマンスが落ちたり、不具合が出たりしてしまう。そういった条件を揃えて、不具合を再現するのがとても難しい。僕はチューニングのなかでも、そういった不具合の出るテスト用の環境を作ることが好きなんです。

Unity開発に当てはめるとシーンファイルというものがあって、Aシーンが終了して、Bシーン。そこで通信が走って、Dシーンまでいかないとパフォーマンスが落ちるような状況を再現できない、そんな状態があるとします。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。