ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

難民と地域住民がともに食卓を囲む、ソーシャルダイニングアプリがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツでは、近年、シリアをはじめ、中東などから逃れてきた難民が急増。

独紙ビルト (Bild-Zeitung) によると、ドイツ政府では、2015年の1年間で、約150万人の難民を受け入れ、2016年には、その規模がさらに増える見込みだ。

・難民と地元住民をつなぐソーシャルダイニングアプリ

ベルリンのスタートアップ企業Memoradoは、食事を通して、異国からやってくる難民と地元住民をつなぐ、ソーシャルダイニングアプリ「Refoodgee」を開発した。

Refoodgeeでは、ホストを務める住民と、ゲストとして招かれる難民が、出身国や言語、食事の好みなどをそれぞれ登録。

スケジュールなどの諸条件が合致すれば、地元住民が自宅などに難民を招き、食卓をともにするという流れになっている。

Refoodgeeは、現在、ベルリンを対象エリアとし、Androidアプリでのみ展開しているが、近々、iOS版もリリースし、他の国・地域にも広げていく方針だ。

・“同じ釜の飯”を、相互理解を深めるきっかけに

シェアリング・エコノミー(共有経済)を取り入れた難民支援のソリューションとしては、空き部屋を貸し出すホストと難民とをつなぐ「Flüchtlinge Willkommen」などもあるが、Refoodgesは、万人にとって身近な“食”を介して、地域の人々と難民たちをつなごうとしている点が秀逸。

食卓を囲み、空間や時間を共有することで、国籍や文化などの違いを超え、相互理解を深めるきっかけとなりそうだ。

Refoodgee [Google Play]

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP