ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャリー・フィッシャー、体重減量命令に不満を漏らす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャリー・フィッシャーが、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でレイア姫を演じるために、体重を減量するように要求されていたことを明かした。

米グッド・ハウスキーピング誌のインタビューで、フィッシャーは、同作のために35ポンド(約16キロ)以上もの減量を課せられたことを語った。

フィッシャーは、「彼らは私をまるごと雇う気はなく、私の4分の3だけ!」 「実際は何も変わらない、ただ見かけを良くするためだけ。私は、体重と外見だけが大事な世界で働いている。本当に間違っていると思う。簡単だから、もっと若くなれとも言われていたかもしれない」と、述べた。

フィッシャーはさらに、「私が本当に体重を減らしても、だからといって自分の気分が良くなるとは思えない。それは本当の私ではない。問題なのは、彼らがまるで女優のように私に話しかけ、私はまるで物書きみたいに彼らを聞いているということ。私たちは美しさを偉業のように扱うけれど、それはおかしなことね」と、付け加えた。

もっと見る:ネブラスカに『スター・ウォーズ』をテーマにした映画館がオープン(英文)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の共演者で、シリーズに新たに加わったデイジー・リドリーへの言葉にも、フィッシャーの暴露が見られる。米インタビュー誌でデイジーと対談したフィッシャーは、「自分が身につける衣装と戦うべき」と、アドバイスをした。またフィッシャーは、「かつての私がそうであったように、装いの奴隷にならないで。私はセックス・シンボルではないし、ただひとつの意見に過ぎない。共有はしない」と、語った。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、日米ともに12月18日に公開する。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP