体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボリビアの新名所、世界一高いロープウェイから見るラ・パスの絶景!

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia 」

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

こんにちは。TRiPORTライターのYukiです。
近年、ウユニ塩湖観光で人気のあるボリビア。ウユニを訪れるために大半の方は、標高3650mの場所にあるボリビアの最大都市圏ラ・パスに寄るでしょう。 ラ・パスは周囲を山に囲まれており、すり鉢状の地形の底に位置しています。そのすり鉢の一番上にある標高4150mの「世界で一番高所にある町」エル・アルトとラ・パスを結ぶロープウェイが、2014年5月に開通しました。

この2つを結ぶのが、世界一標高の高いところにあるロープウェイ「ミ・テレフェリコ(私のロープウェー)」。珍しいすり鉢状を生かした絶景は、ウユニに負けないボリビアの新名所なのです。筆者は実際に乗ってみました!

どんなロープウェーなの?

その特殊な地形から、もともと慢性的な道路渋滞に悩まされていたラ・パス〜エルアルト間の道路。その問題を解決するべく、市民の足として開通したのがこのロープウェイです! 日本では一般的に「ロープウェイ=観光」と考えがちですが、ミ・テレフェリコはこの高低差のある地形ならではの交通手段として使われています。

片道の所要時間は約10分。自動車やバスでは渋滞がなくても30分以上かかる道のりのため、大幅な時間短縮が実現しています。もちろん渋滞の心配はありません。3路線の合計は約10kmで、世界一高いだけでなく総延長(起点から終点までの路線の長さ)が都市交通としてのロープウェイの中では世界最長になっています。

運賃は大人なら3ボリビアーノ(約50円)とのこと。ボリビアの物価は日本の4分の1ほどなので、地元の人たちにとっても日常的に乗車しやすい金額です。運転時間は5:30〜22:30となっており、時間も地元の方の足になるように考えられていることがわかります。

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

では実際に乗ってみましょう!

ラ・パスから最もわかりやすい乗り場は旧鉄道駅裏のTAIPI UTA駅。旧市街の中心付近にあるサンフランシスコ教会から、急坂を上って徒歩15分ほどの場所にあります。朝夕は通勤で混むとのことでしたが、平日の10時頃に行ってみたところガラガラでした。

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

Photo credit: Yuki Nakao「Ropeway in La Paz, Bolivia」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy