ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あさが来た 有名ではない題材のため期待感持て人気との分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮藤官九郎脚本のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)は業界から注目を集めて世間に広まった朝ドラだったといわれる。それに対して、現在放送中の『あさが来た』は、一般視聴者から火がついた朝ドラだといえるだろう。あさのお世話係・うめ役の友近(42才)が言う。

「『あさが来た』は脚本を読んだ時、めちゃくちゃ面白くて、絶対人気出るだろうと思ったんです。でも、あまり騒がれず静かにスタートしました。ふたを開けてみれば、ありがたいことにお茶の間のみなさんが見てくれています。最近、ようやく芸人やタレントが“そんな面白いんや”って、騒いできました。遅いわって(笑い)」

 友近の言う通り『あさが来た』が絶好調だ。視聴率は放送開始から7週連続20%を超え、11月20日には番組史上最高視聴率25%を記録した。つまり、日本人の4人に1人が見ている計算になる。

 幕末から明治・大正を生き抜いた実業家・広岡浅子をモデルにしたヒロインの人生を描いたドラマが、なぜここまで人気なのか。

 まずは、なんといっても広岡浅子自身の人生がびっくりぽんなことだろう。上智大学文学部教授の碓井広義さんは言う。

「もともと、誰もが知っている有名人ではありませんが、あまり知られていないことがかえってよかった。“これからどんなすごいことをやるんだろう”という期待感を持ちながら見ることができますね」

 実在の広岡浅子とは、どんな女性だったのか。『あさが来た』の原案『小説 土佐堀川』(潮出版社)の著者・古川智映子さんはこう話す。

「ドラマのように子供の頃から自己主張を持っていた女性でした。彼女は、自分の人生を『七転八起』ではなく『九転十起』と言っています。九回転んでも十回立ち上がるような人間でありたい。この言葉に彼女の波瀾万丈な生き方すべてが表れています」

 現在ドラマでは、炭坑経営に尽力しているが、史実ではこれからどうなったのか。

「炭坑が成功するまでには、10年以上の歳月がかかりました。その炭坑を政府が高額で買い取って、彼女は全国的に有名になっていったのです」(産経新聞編集委員の石野伸子さん)

 持ち前の『九転十起』根性で炭坑ビジネスを成功に導いた浅子は、それから、さまざまな事業に着手していく。

「大隈重信や伊藤博文、渋沢栄一といった、当時の政財界の大物と交流をして、彼女は実業家としてますます成長していきます。その知識と人脈で、日本初の女子大・日本女子大学の設立にかかわりました。また、大同生命保険の創業にも深く携わります。まさにスーパーキャリアウーマンでした」(石野さん)

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
NHK朝ドラ『あさが来た』モデル・広岡浅子の「九転十起」人生
NHK『あさが来た』 諸々配慮して妾の存在を隠し通す方針か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP