ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下町ロケットで天才外科医役 今田耕司の演技をどう評価する?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 好調が続く連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系)。ガウディ計画編に突入してから、個性的な役者たちが新たに加わったが、天才心臓外科医という難しい役どころを演じているのが芸人の今田耕司(49才)だ。大胆な起用にネットではさまざまな声が出ているが、専門家は今田の演技どう見るか。テレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

 * * *
 今田さんに“俳優”としてのイメージがない人は多いと思いますが、1990年代から2000年代中ごろまで、多くのドラマに出演していました。代表作は1995年放送の月9ドラマ『いつかまた逢える』(フジテレビ系)。福山雅治さんと椎名桔平に続く3番手で、大塚寧々さん、西田尚美さんとの恋模様を演じました。その他にも、先生、寿司職人、番組ディレクター、警察官など、さまざまな職業を演じてきましたし、医師ではないものの2002年放送の『ナイトホスピタル』(日本テレビ系)では看護師を演じています。

 それだけに演技経験の不安はないのですが、今回の出演は全キャストの中でも、最もハードルの高い挑戦のような気がします。司会者として番組を仕切り、大きくツッコんだりボケたり、潔癖症や未婚をイジられるイメージが定着した今田さんが、物語になじむのは至難の技。

 視聴者は日ごろの習慣から、役名の“一村隼人医師”ではなく、“今田耕司”として見るため、多くのキャストが映っているシーンでも、今田さんだけ3Dメガネで見ているように前に浮き出てしまうのです。つまり、「物語や役柄をスルーされて、個人として目に留まってしまう」という難しい状況があります。

 加えて、今田さんは後編からの途中参加。そこにスッと入るのは熟練俳優でも難しいのですが、今田さんは自らの個性よりも、物語の雰囲気に合わせたシリアスな役作りで勝負しています。コント名手でもあった今田さんとしては、その延長線上を思わせる軽さを残した役作りのほうがスムーズなはずですが、あえて難しい道を選んでいるのではないでしょうか。

 ネットでは“棒演技”なんて言う人もいますが、そう見えるのはストイックな人物像を淡々と演じているから。また、ふだん関西弁の人が丁寧語を使うと、一本調子に聞こえがちなので、多少損をしていると思います。

 確かに、福澤克雄監督ならではの早口と長ゼリフに苦しんでいるときもありますが、徐々にテンポをつかんできている気がします。もともと今田さんは『オールスター感謝祭』(TBS系)などの生放送にめっぽう強い「空気を読む天才」だけに、回を追うごとに俳優としての勘を取り戻し、クライマックスでは物語にバシッとハマるでしょう。

 さらにもう1つ、今田さんの役割は“顔面”のアクセント。『下町ロケット』は正義も悪も、「濃いキャラが濃い演技を連発し、それを顔面の超アップで映す」というカメラワークが目立ちます。そんな息苦しいような緊迫感が漂う中、石倉三郎さんとともに“仏像顔”の今田さんは格好のアクセントに。本人たちは目を充血させながら熱演していますが、それを見る視聴者にはほどよい脱力感を与えているのです。

 この先の見どころは、汚い手段を使い続ける貴船教授(世良公則)を懲らしめるシーンで、今田さんがどんな演技を見せるのか。また、実は1994年のドラマ初出演作『彼と彼女の事情』(テレビ朝日系)で、今田さんは阿部寛さんと共演していました。そんな縁のある2人が21年の時を経て、喜び合うシーンを見せてくれるのか。どちらも楽しみです。

【木村隆志】
コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者。テレビ、ドラマ、タレントを専門テーマに、メディア出演やコラム執筆を重ねるほか、取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーとしても活動。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの聴き技84』(TAC出版)など。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今井舞氏 今田耕司を「この男こそ芸能界に必要」と太鼓判押す
『下町ロケット』好演の立川談春 談志の言葉でドラマに進出
NMB渡辺とホラン千秋 大阪の魅力アピールイベントで美脚披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP