ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駅伝情報サイト運営者「これまで見たレースは多分1000以上」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お正月の“国民的行事”として完全に定着した箱根駅伝まであと1か月。日本中のどこよりも陸上競技の現場を取材するウェブメディアが「駅伝ニュース」だ。主宰者である、「博士」こと西本武司氏が駅伝への取り組みを語る。

 * * *
 私は陸上長距離の大会を取材レポートする「駅伝ニュース」を主宰している。7年前から市民ランナーとして走り始め、自宅近所でのランニング中に駒澤大の宇賀地強(現・コニカミノルタ)とすれ違ったのがすべてのきっかけだった。“テレビで見たあいつだ!”と追いかけ、そのスピードに驚愕して興味が膨らんだ。関東インカレや記録会に足を運ぶうちにのめり込み、「駅伝ニュース」を立ち上げた。

 ツイッターで「公園橋博士」というハンドルネームを使っているので、現場で知り合った駅伝ファンからは「博士」と呼ばれている(公園橋は駒澤大の練習を見るために引っ越した自宅近くの橋の名前)。4か月前にはもっと駅伝に時間を割くため、勤めていた会社を辞め、スケジュールの融通が利く会社に転職した。おかげで今年は世界陸上北京大会を全日程、現地で観ることができた。

 私と「駅伝ニュース」を一緒に運営する相棒のマニアさん(ツイッターのハンドルネーム「EKIDEN_MANIA」)の箱根駅伝は、大会翌日から始まる。ちなみに先日、マニアさんの今年の観戦日数をカウントしたところ、11月中旬の時点で国内外125日を超え、「1日で3会場移動する日もあるし、これまで見たレースは数えきれない。たぶん1000は超えてると思う」というマニアの中のマニアだ。

 今年1月4日は朝5時に集合、優勝を逃した駒澤大新チームの朝練を多摩川の土手から見学した。マニアさんは翌週末の1月11日、「高根沢町ハーフマラソン」(栃木)も観戦。スポーツ紙も報じないレースを見に行くのは、次の箱根で主力となる可能性のある選手がエントリーするからだ。今年は当時青学大1年の下田裕太が1時間3分16秒をマークして優勝。その下田は主力級に成長した。そうした選手の成長を追うのが駅伝マニアの楽しみである。

 その2週間後の町田武相駅伝(1月25日)は町田市立陸上競技場の周り20kmのコースで開催され、青学大の主力が4人ずつ分かれて出場する。青学大のチームが1~8位を占めるので、一眼レフを首に下げた駅伝女子(いわゆる駅女)が押しかけ、サイン待ちの列ができる。戸惑う選手に、原晋監督は「箱根に優勝するということはこういうことだよ」といったそうだ。

 中には箱根のトップランナーたちと“並走”できる大会もある。3月1日の立川シティハーフマラソンはその一つで、私も出場した。陸上自衛隊立川駐屯地をスタートし、国営昭和記念公園内にゴールすると書けば、駅伝通なら「箱根予選会のコースと同じ」とピンとくるはずだ。

 ユニバーシアード代表選考を兼ねた大会なので、箱根エリートたちが本気で参戦する。駒澤大のエース工藤有生(2年)らと一緒にスタート。ラストは公園周回コースを2周回るコースなので、周回遅れでついていけばトップの選手と並んで走れる。今年は青学大の一色が優勝した。

 箱根駅伝を楽しむためには、ツイッターも欠かせない。選手本人が発信しているケースもある。青学大は部員のツイッターでの情報発信に自由で、投稿から彼らが通う飲食店までわかる。部員の行きつけは東京・町田市の地中海料理店「コシード」。今年の箱根で4年生として8区を走り区間賞を取った高橋宗司はこの店が好きすぎて、引退した後2か月間アルバイトをしていたほどだ。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
箱根連覇狙う青学 往路を圧倒差で優勝し復路は消化試合に?
箱根駅伝の関係者ら 「中止」という言葉に敏感になっている

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP