ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フライドポテトで開眼!周りもあ然、サッパリ系がダメ、濃い味脂身大好きのつわり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

●すっぱいものが欲しくなる?

つわり期間中は、臭いや味の強いものを受け付けなくなる、柑橘系などの酸っぱいものばかり食べるようになる…と、妊娠前は聞いていました。

実際、私より少し早く妊娠・出産した周囲の友人たちからは、豆腐しか食べられない、トマトならいける、そうめんで生きていた…なんて話を聞くことが多く、私も妊娠初期はそのつもりでいたものです。

ところが妊娠8週目あたり、いつも船酔いをしているようなつわりに悩まされるようになった頃、ふと気づいたのです…

「すっぱい系なんて欲しくない…」

●サッパリ系を食べられるだけまだマシ…?

働きながらの妊婦生活だったので、周囲の同僚や上司たちからも、すいぶんと気遣いをいただけました。

しかし、気遣いの食事や差し入れは「あっさり、さっぱり系」が中心。

自分のなかの違和感を無視しながら、

「これはつわり期間中だからだ…これを食べられるだけでも私はラッキーなほうなんだ…」

と、一生懸命さっぱりしたゼリーや果物を食べていました。

●ファストフード店で開眼

自分の身体が真に求めるものに気付いたのは、会社帰り途中のバスの中でした。

部活帰りの中学生が、某有名ファストフード店の紙袋を持ってバスに乗車。

車内にあの独特の臭いが充満します。

その時、私の中の何かが

「これだ!」

と叫ぶのが聞こえた気がしました。

さっそく最寄りのファストフード店でフライドポテトを注文。

あの脂っこい臭いがたまらなくそそります。

一口食べてみて驚愕です。

フライドポテトってこんなに美味しかったっけ!?

●エナジードリンクとフライドポテトで生きていた

同僚や上司にはあ然とされましたが、それ以来私は

「サッパリ系がダメ、濃い味脂身大好き妊婦」

となりました。

つわりのひどい時はエナジードリンクとポテトフライ、比較的食欲のある日は味噌ラーメン。

妊婦生活の指導書に書いてあるような

「和食中心で、素材の味を楽しむ素朴なローカロリー食」

こそ、まるで受け付けない不良妊婦です。

お腹の子に悪いんじゃないか…?と気にすることもありましたが、それしか受け付けないのだから仕方がない。

何よりめちゃくちゃ美味しいということは、きっと今の私に必要なものなんだ!と開き直って妊婦生活を楽しむことにしました。

後から知ったのですが、男の子を妊娠すると脂っこいものが好きになる、という民間伝承もあるのだそうです。

それが本当か偶然かはわかりませんが、生まれてきてくれたのは、好き嫌いなくなんでもモリモリ食べる、元気な元気な男の子でした。

著者:ゆか

年齢:33歳

子どもの年齢:2歳5か月

ぼくパパが大好き!だって最近ママはすぐ怒るんだもん。

悪い子って言われるのが好きなんだ。だってかっこいいじゃん!可愛いって言っちゃダメ!うえーん!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP