ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ERIS」第13号発刊 フランク・シナトラ特集で萩原健太渾身の4万字

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子版音楽雑誌「ERIS」の第13号が発行された。

「ERIS」は無料で購読できる電子版音楽雑誌。

巻頭のフランク・シナトラ(Frank Sinatra)特集では萩原健太編集長がオリジナル・アルバム全作55枚を渾身の4万字で紹介・解説しており、20世紀最高のエンターテイナー、シナトラの素晴らしさを味わえる。モア・ザン・ライナーノーツは高田渡の金字塔「ごあいさつ」(はっぴいえんども参加)をマルチ弦楽器奏者として活躍中の息子・漣が自身の記憶をたどり解き明かす。

新連載もスタートしており、ラテン・フリーク、岡本郁夫の「僕のリズムを聞いとくれ」。第1回は“ジョニー・パチェーコとファニア・レコード誕生”。連載も、磯部涼は近田春夫とヒップホップ、安冨歩はマイケル最高傑作「スピーチレス」、ピーター・バラカンはLive Magicで来日ブークー・グルーヴ、鷲巣功はCD臨終間近?続編、亀渕昭信はファッツ・ドミノから楽しい米国旅行記、水口正裕は注目の楽曲作者マイケル・ジョン・ラキウザ、北中正和は春日若宮おん祭の神事芸能、と熱い原稿満載でお届け。これだけの内容を無料で読める「ERIS」は下記URLからどうぞ。最新号はもちろん、バックナンバーも読むことができるので、今すぐ登録してみよう。

・「ERIS」13号
http://bccks.jp/bcck/140029/info
・「ERIS」ウェブサイト
http://eris.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP