ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銚子電鉄ネーミングライツで各駅名愛称が大変なことに 鉄道ファンざわつく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

千葉県銚子市の銚子電鉄が打ち出した、駅名愛称を販売するネーミングライツ契約。契約者は1年間、駅名愛称として指定した名称を駅看板他で掲げることができます。

12月1日からすでに始動しているのですが、発表された各駅名愛称が「大変なことになっている」と鉄道マニアをざわつかせています。

【関連:銚子電鉄・髪毛黒生駅で本物の昆布使った入場券販売!限定100枚だ急げ―!!】

気になる各駅の愛称は以下のとおり。()内はスポンサーのお名前です。

▼愛称
犬吠→One Two Smile OTS 犬吠埼温泉 犬吠 (沖縄ツーリスト(株))

君ヶ浜→ミストソリューション 君ヶ浜 ((株)MIST solution)

海鹿島→藤工務所 文芸の里 海鹿島 ((株)藤工務所)

西海鹿島→三ツ星お米マイスター根本商店 西海鹿島((有)根本商店)

笠上黒生→髪毛黒生 笠上黒生 ((株)メソケアプラス)

観音→藤工務所 観音((株)藤工務所)

仲ノ町→パールショップともえ 仲ノ町 ((株)カクタ)

駅名看板などには、新しい愛称が上に、既存の駅名が下にくる形ですでに掲示されています。
また車内案内放送は「つぎは○○○○○あしかじま」といった具合に、愛称と駅名を並べて案内しているとのこと。他にも時刻表、更新時の優先交渉権がついているそうです。

なかなか面白い取り組みだとは思いますし、鉄道ファンの間でもこの間に「写真を撮りに行こう」との声もあるので、間違いなく「収益」と「集客」で一石二鳥。
他にも笠上黒生ではスポンサーのメソケアプラスと協力して、本物の昆布をつかった限定100枚の記念入場券を販売するなど、タイアップ機会も生まれているようです。そうなると話題にもなり、一石二鳥どころか一石三鳥にもなる試みなのかもしれません。

※「銚子電鉄ネーミングライツで各駅名愛称が大変なことに 鉄道ファンざわつく」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP