ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

AndroidスマートフォンとWindows 10 PCとして利用できる「SyncPhone」が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Windows 10 (Mobile ではない)を搭載し、PC としても使えるスマートフォン「SyncPhone」がクラウドファンディングサイト IndieGoGo で発売されました。SyncPhone がなぜ PC 用の Windows 10 を搭載しているのかというと、スマートフォンと PC を一台で利用できるようにするためです。基本構成では Windows 10 だけをプリインストールしていますが、開発元は Android または Ubuntu とのデュアルブートを可能にする計画だと述べています。

PC 利用を念頭に設計されているので、スペックも PC 並みです。5.4 インチディスプレイ、Intel Atom X5 / X7 プロセッサ、2GB / 4GB / 8GB RAM、32GB / 64GB / 128GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 800 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載しています。また、モニタやテレビとの接続を考慮して、Miracast や HDMI 出力機能も搭載しています。SyncPhone の価格は、通常モデルが $199、SyncPhone S が $299、SyncPhone Pro が $499 です。いずれも 2016 年 2 月以降に発送される予定となっています。Source : IndieGoGo

■関連記事
スマートロック「Akerun」に自動ドア向けの新モデル「Akerun Entrance」が発表
Xperiaの外観をクリスマスの雰囲気にデコレーションできる新テーマが公開
パナソニック、指紋リーダーを備えた5.5インチスマートフォン「ELUGA Mark」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。