ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

agraph、3rdアルバム「the shader」リリース発表&トレーラー映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電気グルーヴや石野卓球の制作面を支え、電気グルーヴのライブメンバーとして活躍する一方、ソロアーティストとしても評価されている牛尾憲輔のソロユニットagraphが、来年2月3日に発売するアルバム「the shader」のトレーラー映像を公開した。

今作「the shader」は、さながら電子音の大聖堂のようであり、あらゆる技工を凝らし精緻で多様な意匠を盛り込んで人々を圧倒しようとした17世紀の建築様式になぞらえるなら、“バロック・エレクトロニックミュージック”とでも言うべき驚くべき作品である。

佐々木敦コメント
agraphの新作を聴いて、おそらくは本人が思っていた以上に長い時間がかかったことが、しかと音の端々に刻み込まれている、そう思った。そしてその結果として、これはタイムレスな作品になっていると思う。最先端の電子音楽、というよりも、過去百年にも及ぶ音楽の実験と洗練の歴史が、独特なかたちで響き合っている。たとえばブライアン・イーノの幾つかの作品が、あるいはスティーヴ・ライヒの幾つかの楽曲が、そうであるように、このアルバムもまた、十年後に聴いても、二十年後に聴いても、五十年後に聴かれたとしても、ある絶対的な新鮮さを放ち続けているに違いない。

3rdアルバム「the shader」トレーラー映像

リリース情報
アルバム「the shader」
2016年2月3日(水)発売
国内盤CD BRC-497 2,400円+税

収録内容
1. reference frame
2. poly perspective
3. greyscale
4. cos^4
5. toward the pole
6. asymptote
7. radial pattern
8. trace of nothing
9. div
10. inversion/91

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。