ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊藤直也・増井雄一郎・橋本善久が「キャリアチェンジ」を語った『CodeIQ感謝祭』#codeiq39

DATE:
  • ガジェット通信を≫

失敗は目標までの道に転がっている石だと思えば、問題なし

伊藤直也さん、増井雄一郎さん、橋本善久さんが自身のキャリアを振り返り、キャリアチェンジについて語った「CodeIQ感謝祭」のスペシャルセッション。
トップバッターの登壇者は、株式会社トレタCTO・増井雄一郎さん!

私のエンジニア人生の始まりは17歳。会計事務所の在庫管理のアプリケーションをLotus1-2-3やdBASEで開発するということをしていました。

エンジニアとしての成功は、いろんなアプリを出してきたことだと思っています。1997年にPerlで作ったCGIのスケジュールソフトをフリー公開したり、「PukiWiki」というネットの寄せ書きアプリケーションをPHPで作ってリリースしたり。その後Ruby on Ralsを使い、デジタルガレージと「PingKing」というソーシャルブックマークや、ニフティと「アバウトミー」というサービスを作りました。

その後、iPhoneアプリを作りたくて渡米。Big Canvas Incを設立し、iPhoneアプリ「PhotoShare」などさまざまなiPhoneアプリを作成。帰国後はmiilという料理カメラで写真を撮ったり、写真加工してシェアするアプリを作ったり、iPhoneのアプリをRubyで書けるツールを作ったりしました。

そして今は、トレタでレストランの予約台帳をiPadで管理するアプリを作っている。このように私は、これまでたくさんのプロダクトやサービスをリリースしてきた。つまり、これがエンジニアとして一番の成功だと考えています。

なぜ、そう思うのか。先述したようにキャリアの始まりは高校時代に遡ります。PCを初めて触ったのは、高校1年の時。MS-Xを買ってもらってから、ずっとパソコンに触れてきました。

DPE屋さんでデータ入力のアルバイトをしていたときには、すごく使いにくかったので、自分でソフトを作ってた。そしたら、社内システムを開発している知人から、一緒に棚卸しのソフトを作らないと言われ作ることに。さらに、会計事務所でもソフトを作るようになり、高校生の時にはすでに飛行機に乗って出張したりしていたんです。

またオープンソースという言葉が出る前から、それと似た活動をしていたり。Ruby on Railsを始めたのも95年と、かなり早い段階に触れたし、AWSもそう。つまり私のキャリアの成功には人よりも早く始めたことが、大きな要因となっています

一方、私のキャリアにおける最大の失敗は、成功したことがないということかもしれない。先も述べたように、大学生の頃に起業して、約4年経営したが、儲からなかった。

そこで考えたのが「自分はエンジニアをやりたいのか、社長をやりたいのか」ということ。このまま経営を5年ぐらいやり、落ち着いたらエンジニアをやろうというのはすごく難しいだろうと。

しかし、ずっとエンジニアをやって40才になったときにもう一度経営をやろうというのはできるのではないか。こう考え、エンジニアを続けるために会社をたたんだ。これが1回目の失敗です。

次に、iPhoneアプリを開発するため米国で起業。iPhoneの立ち上げと同時期だったため、時期尚早で儲からず、さらにリーマンショックが追い打ちをかけ、経営がうまくいかなくなり、また会社をたたむことに。

そしてもう一つの失敗は、英語が話せないこと。米国にいたときは意思疎通ができるほどの英語力は身に付いたが、それで満足してしまってそこから勉強をしなかった。だから、深い会話ができるだけの英語力がない。英語力はほしいといつも思っています。

ただ、失敗と成功は同じ方向を向いているもので、ただ成功はすごく遠いところにあるけど、失敗はその道の途中にごろごろ転がっているというだけ。

それらを気にするのではなく、エンジニアとして何を目標にするかが大事。私は自分の技術で、人が喜ぶモノを作っていくことが一番の幸せであり、目標。だから失敗や成功は大きな問題ではないんです

任天堂の岩田前社長の言葉で気付けた、ある言葉

続いて登壇したのは、ニフティ、はてなCTO、ソーシャルメディア統括部長を経て、今はさまざまなITスタートアップ企業の技術顧問を担当するなど、活躍中の伊藤直也さん。セッションテーマは「わたしのキャリアチェンジ」。

若かりし頃は「あのサービス、ソフトウェアを作った人」になりたいと思っていた。有名なオープンソースのソフトウェアを作るとか、みんなに使われるサービスを作るというように。

その後運良くそういうサービスを作ることができて、その頃はよく「ぼくが作ったサービス」というテーマで、かなり“エモい”プレゼンをしていたと思う。

この辺までは順風満帆だったが、転機が訪れる。それはエンジニアなら誰もが体験するだろう、マネジメント問題にぶち当たったんです。

マネジメントはやりたいことではなかったが、マネジメントが重要だということは一方で良く分かっていたし、立場的にもそれをするのが当然だとは思っていた。

だからやったが、結果的にサービス作りに関われる時間が減った。このままだと「あのサービスを作った人になる」という目標から遠ざかっていく・・・ということで結構悩んだ。

それだけが理由ではなかったけれど、会社を辞めたタイミングで、次は10人程度の小さな会社ならマネジメントをそこそこにしつつ、モノ作りもできるのでは、と思い起業しようとした。

小さなチーム大きな仕事を目指したが、現実は違った。最大の失敗は起業家になるはずがドラクエ廃人になっていったこと。タコメットを延々狩っていたら、プレイ時間が2000時間を超えていた。

それだけ時間があるなら、起業すればいいじゃないかと思うかも知れないが、しなかった。なぜか? いざやろうとしても、何を事業にしたらいいかわからかったから。

「プログラミングできればいいや」「何かを作れればいいや」という思いだけだったので、何をしていいかわからない。出てくるのはお金にならないアイデアばかり。

いくつか作ったが、リリースできる馬力がなく、お蔵入りになった。迷ったときに背中を押してくれるような、他人との関係性で仕事の成果を出せていたということに初めて気付いたんです。

要するに自分の力を過信し、調子に乗っていたのだと思います。現状から逃げたかっただけなのかもしれない。そんなときに、技術顧問として声をかけてくれる人が現れた。

「まあ暇だし(ドラクエは忙しかったけど)いいか」と思い、技術顧問に就任。「技術顧問って何するのかな。名前貸すぐらいかなとか」とか思い、やってみたところ、あっさりと成果が出た。技術顧問とは実質マネジメント。課題を見つけて解決できるような仕組みを作っていくという仕事。そして現在でも、KAIZENや一休などでアドバイザーとして携わっています。

結局、私は今僕がやっているのはマネジメントである。しかし今は、マネジメントをすることに納得している。それは任天堂の前社長である岩田さんのインタビュー記事を読んだから。

その記事には「自分の好きなことが得意なことではない」と書かれていた。自分の好きなことが得意なことであり、やりたいことと思っていたり、自分がやりたいこととやりたくないことを、自分が得意なことと得意ではないこととイコールだと思っている人は意外に多い。しかしそうではないというのだ。

また岩田さんはこんなことも語っていた。「好きではないが得意なこともある。仕事は得意なことをやった方がいい」と。では得意なこととは何か。

岩田さんは「自分の労力のわりに周りの人がありがたがってくれるもの」なのだと言っている。つまり私にとってマネジメントはまさにそういう位置づけのもの。

週1回会社に行き、話をするだけで劇的に開発組織が変わっていく。私にしたら、たった1時間話しているだけなのにという感じだが、その会社のから非常に感謝してもらえるのである。たった週1回でそんなに喜んでもらってもと罪悪感があったが、このインタビューを読んでようやく理解できました。

最近は自分がやりたいことは何かと考えないで、人から求められること、得意なことを中心に仕事をしようと思い、マネジメント業に従事しているのです。

とにかく仕事を一生懸命にやり、たくさん失敗してたくさん楽しむ

3番目に登壇したのは、リブゼント・イノベーションズ代表取締役、ライフイズテックCTO、そしてINEIの執行役員プロデューサーも務めているの橋本善久さん。タイトルは「エンジニアのキャリアとかのおはなし」。

1997年に大学を卒業し、セガに入社。当時はベジホックのファンで、ソニックでゲームを作りたいと思い、セガを選んだんです。12年間ゲームソフトの開発に従事し、最後の方はプレステⅢやXbox365向けのゲームを開発、当時としてはグラフィックスも頑張っていました。

2009年からは、スクエア・エニックスでCTO(最高技術責任者)に就任。FINAL FANTSY 14(オンラインREG)の技術責任者として開発に携わった。そのほかにもAgni’s Philosophyという映像作品、Luminous Studioというゲームエンジンも作っていました。

そして2014年にリブゼント・イノベーションズを起業。ここまではゲーム開発者として歩んできたんですが、ここで一旦、そのキャリアから離れることにしました。

「LIBZENT」は生活、生活(Life)、仕事(Business)、娯楽(Entertainment)の3つの言葉の頭をとって合成した造語。実はもうひとつ意味があり、私の名前(善=ZEN)とliberty(=自由:Lib)で、自由を勝ち取るという思いも込めて付けた。自社開発部のアウトプットはまだだが、楽しくやっている。

仕事はそれだけではなく、2014年末よりINEIの執行役員プロデューサーも務めている。INEIは世界最高水準のコンセプトアートを提供するスペシャリストのための会社。INEIとは、「Agni’s Philosophy」のときに出会った。私はクライアントとしてINEIの社長と知り合い、友達になった。そして独立したときにマネジメント手伝ってほしいと言われ、今に至ります。

さらにライフイズテックという、学生向けのプログラミング教育の運営会社のCTOも2014年より務めています。この会社とはスクエア・エニックス時代に、Life is Tech!のコラボイベントの企画で携わったこと。

そのときに面白いと感じていたが、それ以降はつながりがなかった。しかし起業した年の10月末に同社の役員(水野・小森)と食事をしたところ盛り上がり、一緒にやることに。わずか5分でジョインすることを決定しました。

11月1日には執行役員CTOに就任。Life is Thch!でのCTOは通常のCTOではなく、「ちょっとトキメクお兄さん」と定義をしている。つまり中高生およびメンターである大学生に、ちょっと憧れられるぐらいの存在であるということ。それを意識しつつ、技術的にも憧れるぐらいの存在でなければいけない。

Life is Thch!の活動では、常に目の前にすごく優秀な10代、20代の子たちがわんさかいる。彼らからのプレッシャーを感じながら楽しみながら頑張っていきたい。

現在、41才だが若作りも頑張っている。そしてもう一つ、トキメクためにもときめくプロダクトを世に送り出さないといけない。経営視点も、人材を集めるということも、技術視点も、さらにはプロダクトの中身、設計などすべてバランスを取って進めるという意味などを含め、すべてトキメク存在でいたい。

ここまではキャリアについて語ってきたが、その中で成功や失敗は特にありません。もちろん、小さな失敗は日々やっている。しかしその失敗は次の糧につながっていくもの。だからそれがなければ成功もないと思っています。

今は仕事時間の約半分をLIBZENTが占めており、残り半分の8割をLife is Thch!、その残りがINEIと。LIBZENTでは自社開発を主とするはずだが、そちらがマネジメントなどで時間が削られてしまい、INEIの次に時間配分がなくなっている。あえて言うとこれが失敗かなと。

その対策としては、一生懸命働くこと。とにかく日々、面白いことが起きており、本当に仕事が楽しい。会社員でやることもいいし、独立して起業するのもいい。とにかく仕事を一生懸命にやること。みなさんもたくさん失敗して、たくさん楽しんでください。

【技術×キャリア対談】テーマ1「エンジニアの働き方はどう変化する?」

続いては、増井さん、伊藤さん、橋本さんによるパネルディスカッション。

タイトルは「3人の最強エンジニアに聞く!【技術×キャリア】エンジニアの未来展望」。モデレーターは、きゃんちこと喜屋武ちあきさん。

きゃんち:エンジニアの働き方は、10年後にどう変化していくと思いますか。

橋本:10年も経つと業界自体も変わり、それに伴って働き方も変わると思う。

増井:働き方が選べるようになるでしょうね。いろいろな会社に転職して働くこともできるし、1社でずっと働くこともできる。もちろん何社も掛け持ちもできる。働き方の多様性はできている。いろいろな選択肢がとれるようになるのでは。

伊藤:ぼくは2000年からWebプログラマだったけど、当時は傍流だった。お給料も普通で、先輩たちもいない。サブキャラだった。しかし今はプレゼンスも上がり、ビジネス的にWebは非常に重要になり、給料も良くなってきた。多様な働き方がエンジニアもできるようになった。

橋本:確かに今はまだ大半を占めているのはスーツを着て、金融系などのエンタープライズシステムに携わっている人が大半で、Web系は1割ぐらいだけど、10年後には3割ぐらいにはなっているでしょうね。

テーマ2「エンジニアが働きやすい環境」とは

伊藤:エンジニアが働きやすい環境とは、ものを作るに当たって、ストレスを感じないかだと思うんだけど。

きゃんち:大きなストレスとは?

伊藤:作りたくもないものを作らされること。

増井:確かに納得しない仕事をさせられることはストレスだから。

橋本:そうそう、作り方やなども含めて。

きゃんち:環境を良くしていくためにはどうすればよいと?

橋本:まずは自分が望まれていることを理解することですね。

増井:自分がどうしてほしいかを明確に言える人は改善されていく。

伊藤:例えばちょっと座り心地の良いデスクやソファがある、というのが働きやすさとして評価されたりするけど、そうじゃない。それは快適さを決める外側でしかない。

やはり快適かどうかは仕事の内容次第なんです。会社の設備が地味だったとしても、仕事が面白ければそれでエンジニアは満足できる。だから本当にやらないと行けないのは一人ひとりのやりたいことと仕事がきちんとマッチしているかをマネジメントすることなんです。

ただ、難しいのはエンジニア本人が言葉で言っていることが、本人の欲求ではないことが多いこと。こういう環境で働きたい、こういうことをやりたいというのは、意外に本人も気付いていないんです。

増井:在宅勤務の人がまさにそう。快適だと思い、家で仕事をするんだけど、いすの高さが合わないとか、集中できないとかいろいろ問題が出てくる。

橋本:Life is Thch!の場合、イベントドリブンで動いていくので、中高生にこんなことを感じてほしい、こんなものを提供したいというところに共感した人が働いている。そこにモチベーションを感じているので、まずは事業に共感できるかがあり、その後に開発手法や進め方、環境、マネジメントがあると感じているんでしょうね。

伊藤:よく「こういう開発手法を使えば、今の開発の問題が解決できる」というエンジニアの提案がある。しかし、課題分析をすると、組織マネジメントのあり方や上司と部下の関係など、組織に問題がある。そこを解消しないと本当にやりたいことはできないのに、道具を良くすればハッピーになれると思っているエンジニアが多いんですよ。

橋本:スクラムを使えば解決するというような(笑)。

増井:お客さまに言われたことをそのまま作っていくと、ろくなプロダクトにしかならないことに気づけないのと同じですよね。そのためにも外部の人に来てもらい、どこに問題があるかコンサルティングもらうのは大事ですよね。

テーマ3「エンジニアのキャリアについて」

増井:死ぬまでエンジニアでやりたいか、マネジメントなどなど幅広いことをやりたいかという2種類に分かれるのでは。

伊藤:今は昔ほど選択肢が少なくない。エンジニアとして腕を磨いていくという方法も、選ぼうと思えば選べますからね。でもそれはお勧めしない。

増井:年齢が高くなればなるほど、要求されるレベルが厳しくなりますから。

橋本:新しい言語や新しいスタイルにできるか、やはり年齢が高い人ほど難しい。

伊藤:何よりプログラミングを初めて覚えるタイミングで世の中に転がっている前例の数が違う。動きを知るために参考にできるものが、新しい時代ほどたくさん転がってるんです。つまり、若い人の方が新しいものに適応しているのは当たり前。どうしても新しい人の方がスキルは高くなってしまう。

増井:新しいものにチャレンジするときは、給料が下がることになる。そういうときに年齢がいっている人ほど、自分のポジションを下げて一から始めないといけない。それができるかどうか。生活にもかかってきますから。

伊藤:だからこそ、エンジニアリング以外の軸を組み合わせるのが重要になる。サービスを作るのが好きならサービスのデザインでもいいし、ビジネスが好きな人はビジネスでもいい。ものづくりが好きと言ってものづくりだけをやっていると袋小路にはまってしまいます。

きゃんち:もう一つの軸を見つける方法があれば教えてください。

伊藤:わからない。

橋本:同じ環境にいると探せないと思います。

増井:いろいろ試すしかないかと。

伊藤:先のセッションでも語ったけど、僕はマネジメントをやりたくなかったけど、マネジメントをやるしかなくて、やっていた。プログラミングとマネジメントが組み合わさったことが高く評価されて、今のキャリアがある。自分がやりたいからといって望んでなったというものではなかったので。

増井:自分で探したらそっち方面にはいかなかったでしょうからね。

橋本:僕はプログラマとして入社しましたが、当時から企画書も書いていた。企画担当者にだめ出しをしたこともあります。作ることがゴールで、プログラムはただの手段。何を達成するのか、それを明確にすると自ずと身についていくものかもしれません。

伊藤:50人のチームの中で、僕が優秀と思った人はやはりマネジメント経験があった。彼は前職でオフショア開発のマネジメントに従事していて、それはやりたいことではないからといって転職してきた。でもその彼はマネジメント経験があったがゆえに、マネジメントである僕が指示することを、僕の気持ちや文脈まで含めて理解してくれるので、非常に高い精度の仕事をしてくれるんです。彼がそのスキルを身につけたのは、やりたくなかったマネジメントを経験したから。

きゃんち:キャリアは偶然に支配されているところは大きいということですか。

伊藤:そう、運を天に任せる!(笑)。

橋本:あと理不尽な体験も必要だと思います。理不尽な要求に対し、自分だったらどうするかという視点を持つことで学べるんです。私はいろんな苦労や失敗、理不尽を感じた気持ちなどが、今のキャリアに役に立っている。

伊藤:確かにそうかも。自分のスキルが一番伸びたタイミングは、自社サイトが高負荷になり、自分のキャパシティが超えた問題が起こり続けていたとき。小手先の負荷分散処理では意味がなかったので、Linuxのソースコードを全部読んだりした。そのとき自分のスキルが伸びた。問題が起こっていない組織の方が快適に見えて、実は成長できないことがあるんですよね。

きゃんち:短い時間でしたが、エンジニアのキャリアに関する貴重なお話、ありがとうございました。

⇒ CodeIQ感謝祭レポート・第二弾に続く!

オールスター大集結!2015年を振り返る「CodeIQ大忘年会」開催

大好評だったCodeIQ感謝祭の第2弾が、12月23日(水)に開催されます。今回も豪華なゲスト陣を招いてのイベントとなりますので、ぜひ奮ってご参加くださいね!

オールスター大集結!2015年を振り返る「CodeIQ大忘年会」

登壇者
講演内容

及川卓也さん
(Increments)
クリスマスもコードを書きたいアナタに送る!
次世代エンジニアの技術の学び方とは?
〜Qiita投稿データから読み解く、2016年の技術トレンド〜

倉貫義人さん
(ソニックガーデン)
栗栖義臣さん
(はてな)
パネルディスカッション

伊藤直也さん
増井雄一郎さん
(トレタ)
パネルディスカッション

澤円さん
(Microsoft)
プレゼンスキルに悩むエンジニアのための
リアルプレゼンクリニック

※講演内容が変更となる可能性がございますが、あらかじめご了承ください。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP