ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッテリー切れを友人が救う!?電気を分かち合える充電ケーブル「AnyLink」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外出時に、スマホのバッテリーが突然切れる。そういう経験は、誰にでもあることだろう。

そんなまさかの非常事態を救う便利アイテムが、Kickstarterに登場。一緒にいる友人から電気を分けてもらえる充電ケーブル「AnyLink」である。

・異なるデバイス同士の充電を実現

「AnyLink」は、最近じわじわと知名度を上げつつあるOTG(USB On-the-Go)規格に対応したケーブル。これにより、パソコンを介さず、異なるデバイス同士の充電が可能となる。

スマホのバッテリーが切れかかっていても、安心。一緒にいる友人のスマホやタブレットが、電源の代わりになるのだ。

特徴は、USB TYPEAとmicroUSBが合体した、独自の仕様。

USB TYPE-Aとして普通に使うのはもちろん、microUSBコネクターのあるスマホやタブレットと接続すれば、お互いのデータのやり取りも、その場で簡単にできる。転送は、電光石火の速度で終了。Bluetoothより早く、画像ファイルのコピーを実行する。

ただし、製品の特性上、iPhone同士による充電は不可。また、iPhone及びiPadを電源に、Android端末やAndroidタブレットを充電することもできないので、使用の際は、注意が必要だ。

・耐久性の高い素材で持ち運びも楽

素材は、耐久性の高いナイロン製。長さも1m程度だから、持ち運びも楽。いざというときに備えて、バッグに忍ばせておいても、決して邪魔にはならない。

プロジェクト公開は、12月26日まで。支援金は、16ドルから受け付けている。

AnyLink/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP