ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「怠け者になりなさい」 故水木しげるさん「幸福の七か条」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あきらめと一緒に生きるのが、幸せの原則ですよ」──。生前、口癖のようにそう言っていた。11月30日、漫画家の水木しげるさん(享年93)が東京都内の病院で亡くなった。多臓器不全で眠るように逝ったという。

 93年間の生涯は、激動の一言だった。鳥取県境港市出身の水木さんは、学校の勉強はからきしダメだが、昆虫採集や紙相撲、海藻収集など好きなことには何時間でも夢中になれる少年だった。

 小学校時代、地元の祈祷師「のんのんばあ」から聞かされた妖怪の話で、彼の人生が決まった。霊魂や妖怪の研究に明け暮れるようになった水木さんは、高等小学校卒業後、大阪で働きながら漫画家を目指すが、21才の時、太平洋戦争でラバウルに出征。米軍の爆弾で左腕を吹き飛ばされた。

「終戦後に帰国し、片腕で懸命に漫画を描き始めましたが、なかなかヒット作に恵まれなかった。40才を過ぎるまで、妻の布枝さんと赤貧の生活に耐えたのです」(出版関係者)

 1960年、『週刊少年マガジン』で連載を始めた『ゲゲゲの鬼太郎』が大ヒット。以後、妖怪や戦争体験を描いた作品を発表し続け、2010年には布枝さんの書いたエッセイ「ゲゲゲの女房」がNHK連続テレビ小説として映像化された。

 水木さんの知人によれば、晩年の彼は穏やかで、死を恐れず、達観していたという。

「水木さんはよくこう言っていたんです。“自分自身が自分を運転してるわけじゃない”って。この世には見えない力があって、それに引っ張られて生きていけばいいんだと」(水木さんの知人)

 物欲もなく質素で、精神の充足を大切にしていた。「金があると邪心が生まれ、見えない力が逃げていく」。そう言って、若者には貧乏生活をすすめていたという。そんな水木さんは生前、『幸福の七か条』をまとめていた。

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 「好き」の力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
来年90歳 「ゲゲゲ」の水木しげるが答える人生論が登場
妖怪ラテや妖怪焼きなどゲゲゲの街の“鬼太郎グルメ”
「ゲゲゲの女房」 多忙で余裕ない夫にいたたまれず20m家出

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP