ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はじめての方でも安心!マイルを貯めるための基本的なこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Photo credit: Karl Baron via flickr cc

Photo credit: Karl Baron via flickr cc

TRiPORTライターのさとりんです。
「マイレージ」「マイル」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。
中には、身近な人で「マイルを貯めている」「マイレージを貯めて旅行にいった」などという話を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。
「マイレージを貯めたらどうなるんだろう?」
「私には必要?」
「どうやって貯めるんだろう?」
「マイレージって飛行機に乗らないと貯まらないんじゃないかな?」
などなど、わからないことがあるかもしれませんね。
今回はそんなマイルの基礎知識と貯め方についてご紹介したいと思います。

マイルとは

マイルは航空会社が提供しているポイントのこと

人気のマイル

ポイントカードはお店におって内容が異なりますよね? それと同様に、マイルも航空会社によって種類があります。
日本国内で人気なのが、日本の航空会社である2社のマイル。
日本航空が提供するJALマイル(JALマイレージバンク(JMB))と、全日空が提供しているANAマイル(ANAマイレージクラブ(AMC))です。
海外旅行や海外出張が多い方には、他の航空会社のマイルを使った方が貯まりやすかったりもしますが、そうでなければ、この2つを利用しましょう。

その他、海外で有名なマイル

上記でもお伝えしましたが、海外旅行や海外出張、海外移動などが多い方は、日本の航空会社のマイルではなく、外資系の航空会社のマイルの方が貯まりやすいので、そちらをおすすめします。
外資系航空会社で有名なのは、デルタ航空のスカイマイルや、ユナイテッド航空のマイレージプラスです。人気があるのはスカイマイルで、北米に行かれる方には特におすすめです。
その他にも、大韓航空のマイルは韓国に行かれる方におすすめですし、キャセイパシフィック航空のマイルは香港に行かれる方におすすめ、ヨーロッパに行かれる方にはエールフランスとKLMが合併して作られたマイレージ、フライング・ブルなど、自分がよく行く場所、使う航空会社のマイレージを選ぶのがいいと思います。

マイラーと陸マイラー(オカマイラー)

マイルの貯め方は大きく2つに分けることができます。
飛行機に乗って空でマイル貯めるタイプ(マイラー)と、陸上でマイルを貯めるタイプ(陸マイラー)です。
マイラーは、ただ飛行機を利用するだけで、どんどんマイルを貯めることができるのに対し、陸マイラーは、少し工夫して、日常生活やネットからマイルをコツコツと貯めます。
そう! 飛行機に乗らなくてもマイルは貯めることができるんです!

マイルを貯めたらどうなるの?

Photo credit: Ciel「エールフランスのファーストクラス新シート」

Photo credit: Ciel「エールフランスのファーストクラス新シート」

1. 飛行機代が無料になる

マイルを貯めれば、飛行機に無料で乗ることができます。

参考
国内、ソウル(往復航空券) 12,000〜15,000マイル
グアム(往復航空券) 20,000マイル
ハワイ(往復航空券) 40,000マイル
ヨーロッパ(片道ビジネスクラス) 80,000マイル

日時も、どの路線を利用するのかも自分で自由に選ぶことができます。もちろん、飛行機には定員数が決まっているので、人気の時期や行き先によっては早めに予約をする必要はありますが、基本的には自分の好きな時に無料で飛行機に乗ることができます。
もちろん、それは行き先が海外でも同様です。(自分が加入している航空会社の飛行機が飛んでいる行き先のみ)
海外へ行く時は、飛行機代は無料になるものの、燃油サーチャージ、空港利用税などがかかってしまいますが、通常の値段よりもかなり激安の値段になるので、お得です。
※外資系の航空会社の中には、燃油サーチャージなども無料になることがあります。

2. 座席をアップグレードできる

マイルを貯めると、購入した飛行機の座席をアップグレードすることができます。普段エコノミー席を利用しているけれど、マイルでビジネスクラスに乗ることができちゃいます。いつもよりもリッチで、快適な時間を過ごすことができます。
追加料金を支払わずに、元の席のクラスからワンランクアップしたグレードの席に変更が可能なんです。

注意
正規航空券のみ変更可能です。格安航空券など、正規の航空券ではない場合、変更することができないので、気を付けましょう。また、日本の国内線区間はアップグレードできません。しかし、国内線であってもJALのクラスJであれば、アップグレード可能です。

3. 商品と交換できる

航空会社が用意している交換リストの中から商品と交換することができます。
交換効率があまりよくないので、人気はそこまで高くはありませんが、お肉などのグルメセットや、ワイングラス、旅行用のスーツケースなど、種類豊富な商品と交換できるようになっています。

4. 電子マネーと交換できる

貯めたマイルは、電子マネーに変えることもできます。飛行機に乗ればマイルも貯まりやすいし、日常的に使用する電子マネーに変わるとなると、臨時収入が入ったような感覚で、なんだか得している気分になりますね。
JALなら、SuicaやWAONと交換でき、ANAであればTポイントや楽天Edyと交換することができます。
けれど、マイルの価値が低下してしまう交換方法のため、あまり電子マネーと交換する人はいないようです。

マイルの貯め方

<基本編>

1. 飛行機に乗る

1番簡単にマイルを貯めることができるのは、飛行機に乗ること。自分が加入している航空会社の飛行機に乗ればいいだけです。それだけでばんばんマイルが貯まります。
また、自分が加入している航空会社が提携している会社の飛行機を利用してもマイルは貯まります。

日本航空が提携している航空会社(JALマイルが貯まる航空会社)
アメリカン航空、カタール航空、キャセイパシフィック航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、マレーシア航空、エアベルリン、フィンエアー、イベリア航空、ラン航空、マレーシア航空、カンタス航空、ロイヤルヨルダン航空、S7航空、スリランカ航空、TAM航空
、エールフランス航空、エミレーツ航空、中国東方航空、バンコクエアウェイズ、ジェットスター・ジャパン

全日空が提携している航空会社(ANAマイルが貯まる航空会社)
エアカナダ、シンガポール航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、アドリア航空、エーゲ航空、中国国際航空、エアインディア、ニュージーランド航空、アシアナ航空、オーストラリア航空、アビアンカ航空、アビアンカ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポートランド航空、スカンジナビア航空、シンセン航空、南アフリカ航空、スイスインターナショナルエアラインズ、TAPポルトガル航空、ターキッシュエアラインズ、エア ドロミティ、マカオ航空、エティハド航空、ユーロウィングス、ガルーダ・インドネシア航空、ジャーマンウィングス、ハワイアン航空、ジェットエアウェイズ、フィリピン航空、TAMブラジル航空(TAMメルコスール航空)、ヴァージンアトランティック航空

注意
提携航空会社のコードシェア便を利用する場合、マイル積算は、運航会社の予約クラスの積算率になるため、積算率が異なったり、積算されない場合があるのでチェックが必要です。

2. クレジットカードをうまく利用する

飛行機に乗らないで貯める陸マイラーは、クレジットカードで買い物したり、うまく利用してマイルを貯めます。
基本的には、クレジットカードで100円使用すると1マイル貯まります。

日常生活にクレジットカード決済を取り入れる

コンビニやスーパー、デパートなどの日常の支払いをクレジットカード決済にして、マイルを貯めることができます。支出金額が大きいなら、是非、クレジットカードを使ってマイレージを貯めていきましょう。

宴会などでもクレジットカードを利用

宴会など、みんなからお金を集めて支払う時などには、カード払いにしましょう。
単純に計算すると、1人3,000円の会費で10人で飲んだら、1回で30,000円=300マイル貯まることになります。しかも自分の出費は3,000円のみで!
その他にもこれと似たような状況があると思うので、その時には是非、率先してクレジットカード払いしましょう。

口座引き落としからクレジット払いに変更

電気代、ガス代、携帯電話、医療費、保険代、各種サービスなどで、現在口座引き落としになっているものがあれば、クレジット決済に変更しましょう。
例えば、電気代1万円、ガス5,000円、携帯代月1万円だけを見てみても月25,000円=250ポイント貯めることができます。
クレジットカード決済に変更するには、それぞれのサービスに、支払いを口座引き落としからクレジットカードに変更したいことを伝え、書類を送ってもらいましょう。

会社経費はクレジットカードを利用

会社で必要なものを購入する時などの立替や、交際の立替などもクレジットカードで行うとお得です。立替経費なので、自分は1円も払ってないのに、ポイントだけ貯まるんですから!

注意
会社がクレジット払いを許可している場合のみ有効。

経営者の方にはさらにお得!?

上記で紹介したクレジットカードで貯められるシーンすべてで使用し、経費をクレジットカードにつけることができれば、かなりマイルを貯めることができます。
決済用のカードは複数毎持つことができますし、複数枚持っていても、マイレージ口座を1つに紐づけさせていれば、すべてのクレジットカードのマイレージを1つにまとめることができます。

<応用編>

陸マイラー通のANAマイルの貯め方

Photo credit: lkarasawa via flickr cc

Photo credit: lkarasawa via flickr cc

ポイントサイトでポイントを貯める

毎月、3万ポイント以上をハピタスやポイントタウンなどのポイントサイトで貯める

集めたポイントをANAマイルと交換

3万ポイントのうち
2万ポイントをソラチカルートでANAマイルに交換→18,000マイル
1万ポイントはTポイントルートでANAマイルに交換→5,000マイルに変更
合せて、毎月23,000マイルずつ貯まり、年間276,000マイル貯めることができます。
その他にも、楽天ポイントの移行や各キャンペーンなどでも、マイルが貯まります。

まとめ
ポイントサイトで貯めたポイントを、マイルに交換しよう。

JALマイルの貯め方

Photo credit: Kazunori Inoue「Kuala Lumpurへの旅」

Photo credit: Kazunori Inoue「Kuala Lumpurへの旅」

JMB WAONカードを賢く利用

クレジット機能なしのJMBカード(JALマイレージバンクカード)+電子マネー「WAON」機能付きのカード
→「JMB WAONカード」
+ビックカメラ →「BIC CAMERA JMB WAONカード」
+イオングループ →「イオンJMBカード」(JMB提携カード)

JMBカードに付随しているWAONで支払った場合、200円(税込み)の支払いにつき1マイルが貯まり、WAONマイル特約店では200円で2マイル貯めることができます。
また、イオングループでは「イオンJMBカード」「JMB WAONカード」を利用することができ、JMB WAONで決済すると、毎月5、15、25日にはマイルが2倍貯まります。他にも、対象商品を購入すると、ボーナスマイルをゲットすることができるといったキャンペーンも行っています。

JALカード+JMB WAONカードで賢く利用

JALカード+JMB WAONカードでマイルを二重に取ることができます。
JMB WAONカードに、特定の「JALカード」(JALのVisa、JCB 、MasterCard カード、TOP&ClubQ)でチャージします。→チャージ時に100円につき1マイルゲット。

上記で説明した通り、
JMB WAONでの支払い時には200円につき1マイルゲット。
WAONマイル特約店の支払い時には200円で2マイルゲット。
なので、JALカードでのチャージ分、二重にマイルをゲットすることができます。

JALカード+JMB WAONカード+BIC CAMERA JMB WAONカード

家電量販店のビックカメラでは、商品を購入して得られるポイントの代わりに、JALマイルを貯めることができる様になっています。
JAL IC機能付きJMBカード、もしくはBIC CAMERA JMB WAONカードを持っていればこのサービスを受けることができます。
ビックカメラでは10ポイントで3マイルと交換になります。
なので、3万円の商品を10%還元で現金購入したら、ビックカメラのポイントは3,000ポイントとなり、900マイル貯めることができます。

3万円の家電を10%還元でJMB WAON払いにした場合
対象のJALカードからJMB WAONカードにクレジットチャージ→300マイル
JMB WAON払いで→150マイル
10%還元マイル→900マイル
合計 1,350マイル貯めることができる

まとめ
JALマイルは、JALカード+JMB WAONカードの組み合わせで賢く貯める。

おわりに

マイルに関する基本的なことをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
マイルがもっと身近なものに感じられましたか?
うまくマイレージを貯めることができれば、飛行機代が無料になったり、席をアップグレードできたりとお得なことが待っています。
飛行機に乗った旅行は高くて、、、って思っている方でも、マイルを貯めれば夢じゃないかも!

ライター:Satoko Sumitomo
Photo by: Karl Baron via flickr cc

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。