体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウィスット・ポンニミット ×臼田あさ美『REFRESH! Mamuang』インタビュー

asamiwisut1

 

日本でも高い人気を誇るタイのマンガ家、通称“タムくん”ことウィスット・ポンニミットの展覧会『REFRESH! Mamuang』がROPPONGI HILLS A/D GALLERYにて開催中。これを記念してお届けする対談企画の第2弾のお相手は、映画やテレビドラマのフィールドで活躍する一方で、音楽をはじめさまざまなカルチャーに関心を寄せる女優の臼田あさ美。数年前にタムくんの存在と作品を知りそれ以来のファンだという彼女は、展覧会場で行われたトークショーのゲストにも招かれた。この対談はその翌日に実現したものだ。展覧会のテーマである“リフレッシュ”や互いの仕事観までじっくり語り合った。

 

——トークショーではどんな話をしたんですか?

タム「特にテーマは決めてなかったけど、一応(展示会のテーマである)リフレッシュについて話したかな。死んでる気持ちを生き返らせるためにはどうしたらいいか、とか。でも、それだけだと堅苦しいじゃん? だから、別の話もしたよ」

臼田「お客さんから『アイデアが浮かばなかったらどうしますか?』という質問があったりしたから、自然とテーマに沿った話になったよね」

タム「うん、そう」

——臼田さんはリフレッシュというテーマに対して、どんなことを話しましたんですか?

臼田「打ち上げで大人がたくさんいて息苦しくなったときに外に出るとか(笑)。外の空気を吸うのが一番だと思うんですよね。仕事で疲れて帰宅して、寒くても窓を空けて空気を入れ替えて深呼吸したり。結局、リフレッシュって空気を変えることだと思うから。あとは、友だちにいきなり電話して喋り倒したりもします(笑)」

タム「僕も空気や気の流れを変えるのがリフレッシュだと思う。小さく回ってる気を自分で変える。たとえば彼氏と別れた→悲しい→死にたいって回ってる気はハッピーじゃないじゃん? だから、もっと他のことに目を向けたらいいと思う。それがリフレッシュになる。好きなバンドのライブを観に行って、そこで新しく好きな人ができるかもしれないし。それは僕がマンガを描いてるときもそう。『どんなストーリーがいいかな? う〜ん、こういうのは前も描いたなあ』って思い悩んでいたら小さなサイクルから抜けられないから。それなら、マンガのことを考えるのはやめて、ご飯を食べたり散歩したりする。散歩したら、鳥が自分の巣に帰っていくのが見えて、そのときに雨が降っていたら『大変そうだな』って思いたい。それは鳥じゃなくて、建物でもいい」

臼田「昨日のトークショーで羨ましいなと思ったのは、タムくんが『考えないで描くほうがいい』と言っていて。みんなはマムアンちゃん(タムくんのマンガ作品における代表的な女の子のキャラクラー)を描いたら喜ぶけど、そういうことも考えないで描くほうが楽しいという話をしてたんですよ。それってすごく難しいことだと思うから羨ましいなって。あ、でも、私もあんまり考えこまないほうか(笑)」

タム「知ってるよ」

臼田「ありがとう(笑)。世間が求めてる臼田あさ美像が何かわからないし、それは人によって全然違うと思うから。でも、そうやって人によって違うイメージを持ってもらえたほうがおもしろいですよね」

asamiwisut4

——芝居の仕事は大前提としてこの役は臼田さんが適役だという理由でキャスティングされるわけじゃないですか。そのうえでときには自分なりのアレンジで役を体現したいと思うこともあるだろうし。

臼田「そういう意味では、最近は『この役柄は私じゃない』とか、そういうことも思わなくなりましたね」

——年齢を重ねるにつれてよりフラットに仕事できている感覚がある?

臼田「ああ、そうかもしれない。肩肘張って仕事してると疲れますしね。もちろん、努力はするんですけど、この仕事は好きでやってるし、ホントにイヤだったらやめたほうがいいと思う」

——タムくんは創作面で、年齢とともに変化したことはありますか?

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy