ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼女との結婚を確信した「10の瞬間」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の記事を紹介しましょう。

男性陣が彼女を“運命の人”であると気づく瞬間はさまざま。中には「こんな状況で?」と驚いてしまうものもあるはずです。

01.
自分の大切な人を
親身になって愛してくれた!

「子どもの頃、僕は叔父と一緒に時間を過ごすことが多かった。ある日、その大好きな叔父が末期癌と診断されたんだ。入院して2日目にはもう意識がなく、残された時間はすごく短いように思えたよ。でも、数日後に意識が戻った。母は、最期のお別れをするよう、僕に電話してきたんだ。

それなのに、僕は仕事でその電話をとれなかった。母は僕の彼女にも、僕を探すようお願いしたみたいだけど、彼女も僕とは連絡がとれなかったんだよ。

そこで彼女は、僕の代わりに『自分が叔父と話すことができないか?』と母に尋ねたらしい。彼女は今まで一度も叔父に会ったことがなかったのに。唯一知っていることと言えば、ここ数日、僕が涙ながらに彼女に語っていたことだけ 。

それにもかかわらず、彼女は叔父と20分間も電話で話し続けたんだ。僕が叔父のことをどれだけ愛しているかを伝えてくれたんだよ。

その後、僕は彼女と連絡がとれ、叔父にもすぐに電話した。彼は僕に『お前の彼女は本当に素晴らしい女性だね』と言ってくれた。今思うと、やっぱり叔父の意見は正しかったんだ」

02.
どんなに最低なエスコートも
受け入れてくれた

「最初のデートで、僕は将来彼女と結婚することになると分かった。

その日、僕はピンク色のボロボロの車で彼女を迎えに行ったんだ。その後、フェリーに乗るために港に行ったんだけど、間違った船に乗ってしまってね…。19時に予約していたレストランに着く予定だったのに、僕たちが着いたのは21時だったんだよ。さらに悪いことに、彼女は船酔いしちゃってほとんど食べることができなかった。

さて、なぜ僕が彼女との結婚を確信したと思う?実は、彼女はこんな状況でも怒らずにサポートしてくれたんだ。間違ったフェリーに乗って僕が動揺しても、『大丈夫』と言って不安を取り除いてくれた。レストランに着くまでの道を1時間もナビしてくれたり、夕食時もウェイターにとても礼儀正しい態度を見せていた。おかげで、常に楽しく会話することができたよ。

彼女を家に送って行った時、『また会おう』ってハッキリと言ってくれたんだ。その時、人生のどんな時も、彼女に隣にいてほしいと思ったのさ。その場で『好きだ!』って言っちゃいそうだったね」

03.
友人だったのに突然・・・

「僕たちは、まず友だちとして関係をスタートしたんだ。2ヶ月間、彼女が仕事に行っている間、僕は彼女の子どもの子守をしていたんだよ。

ある日、子守をしながら彼女の帰りを待っていたら、急に僕は彼女なしで生きていくことができないと感じた。突然、家族の一員になったという感じかな。今年で、僕らが家族になって20年が経つけど、後悔したことなんてない。彼女との生活がスタートしてからずっと、彼らを愛しているんだ。一番年上の子が、もうすぐ結婚することになった。僕はバージンロードを一緒に歩くつもりさ。

彼女なしでは人生を送れない…そう感じたら、結婚について真剣に考えてみてほしいね」

04.
まるで映画のように
時が止まった

「『ビッグ・フィッシュ』という映画を見たことがある?彼が彼女を見ると、時間が止まるんだ。それこそ、まさに僕が彼女に出会った時に感じたことさ。

彼女は白と黒のドレスを着ていて、とてもキレイだった。その姿は決して忘れないね。まるで、雷に打たれたような気分だった。彼女が僕の胸で眠って、ゆっくりと髪をなででいた時も同じ気持ちになった。彼女が落ち込んでいる時は、すべてを捧げて守ってあげたい…そんな気持ちが抑えられないんだ。

初めて会った時から、結婚の確信はあった。それからもずっと、会うたびにそう思っていたよ」

05.
困難な病気を
2人で乗り越えた

「付き合い始めて3週間後、彼女が『入院する』と言ってきた。『白血病を患っていることが分かった』って…。

次の日から化学療法が開始されたんだ。彼女は僕に「私と一緒にいたい?それとも別れたい?」と聞いてきた。もちろん僕は彼女と一緒にいることを選んだよ。 今年で結婚15周年を迎えるんだよ」

06.
初めてのキスで!

「彼女は僕が心臓発作を起こしたと思ったみたい。それほど僕は、初めてのキスに興奮しすぎていたんだ…」

07.
シングルマザーと
いつの間にか・・・

「僕は新しい仕事を始めたばかりで、付き合ってる人はいなかった。ある日、職場の女の子から、『昼食を一緒に食べない?』って聞かれたんだ。驚いたよ。だってほとんど関わったことがなかったからね。

彼女と話すのは楽しかった。その時、彼女は自分に息子がいることを打ち明けてくれたんだ。さらに、次の日も一緒に食事をしたよ。

でも、一時的な感情なのかと思って、一度彼女にサヨナラを言おうとしたんだ。その時彼女は、僕に片思いしていたことを告白してくれて、メールアドレスを渡してきた。電話番号も交換して、夜遅くまでメッセージのやりとりや電話をするようになったよ。

僕が新しく仕事を始めてから2ヶ月後。初めて昼食を一緒に食べてから10日くらい経った頃かな。ある金曜日、僕のシフトが終わってから彼女のシフトが始まるまでの数時間、一緒に公園に行ったんだ。その次の日には、ディナーにも行ったよ。そのまた次の日の午後には、彼女の家族が開催したバーベキューにも参加した。

その次の日も、僕たちは一緒に出かけていて、彼女の車に寄りかかりながら話していた。そんなこと少しも考えたことなかったのに、『僕たち、結婚するんだよね?』って言葉が口から出たんだ。彼女は頷いたよ。『どうせ結婚するなら、できるだけ早くしたい?』って聞くと、彼女はまた頷いたんだ。

あれから7年が経った。今では子どもが5人もいるよ。一番年上の彼女の子も、もちろん自分の子のように愛している。『お父さん』って呼んでくれてるしね」

08.
Skypeで本を読み合ううちに

「僕と彼女は違う大学院に通っていたんだけど、毎晩数時間はSkypeで話していた。距離は離れていたけど、キレイな彼女が僕のために素晴らしい本を読んでくれていたんだ。

今は結婚して4年目。いまだに本を読み合っているね。これからも彼女と50年は本を読み合いたい…そう願ってるんだ」

09.
まさかの“おなら”で

「ベッドで彼女といちゃいちゃしている時、彼女は小さなおならをした。その後、彼女は20分も笑いが止まらなかったんだ。僕が部屋から出て戻ってきても、自分のおならのことでまだくすくす笑い続けていたよ。僕は彼女が特別だって分かったのさ」

10.
魚を思いやる姿に
ビビッときた

「彼女は、いわゆる保育士のアシスタント。2年ほど前、彼女はクラスのために、小さな魚を飼い始めた。小さな子は魚が大好きだからね。もちろんみんな喜んでいたよ。世話の仕方を学ぶという意味でもポジティブなことだった。

去年、彼女は仕事を辞めた。魚の世話は学校にいる他のスタッフに頼んでね。でも、彼女が10ヶ月後に帰ってきた時、その魚がとてもいい加減に扱われていたことに気づいたんだ。水槽も汚かったし、食べ物もきちんと食べていなかった。特定の場所に隠れるように留まって、以前のようにエネルギッシュに泳いではいなかった。彼女はひどく動揺して、魚を置き去りにしたことをとても後悔していた。僕ができたことといえば、『君のせいじゃないよ』と言うことだけ。

次の日、彼女は学校から自宅へ魚を連れて帰った。水槽をキレイに洗って、新しい小石を買ってあげたんだ。水槽を机に置いて、いつでも注意を払って置けるようにもしてね…、ただ、残念ながら、2日後にピートは死んでしまった。彼女はその話をしながら泣いていたよ。

魚に対してこんなにも思いやりを持てる彼女。僕のことも同じように、この4年間ずっと愛してくれている。それこそが、『妻になってほしい!』と思う大切な要素のはずさ」

Licensed material used with permission by WorldLifestyle

関連記事リンク(外部サイト)

すぐに熱くなっちゃう!情熱家に共通する「20のこと」
幸せを感じている人が、絶対にしない「20のコト」
夫婦がいつまでも「新婚気分」でいるための秘訣

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP