体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

細かい性格の人に共通する8つの特徴

872323832000075724669_Double

あなたの周りに、細かいことをいちいち気にする性格の人はいますか? 本人もそれなりに辛いですが、周りにいる私たちも気を使って疲れてしまいますよね。

なぜ、そこまでこだわってしまうのか、8つの特徴を見ながら深層心理を探っていきましょう。
理由が分かれば、接する側も楽になるかもしれませんよ!

1.何事も完璧にできていないと許せない

男性

細かい性格の人は、どんなことにも完璧を求めようとします。

これには子供の頃の生育環境が大きく関わっており、間違っていると怒られる、うまくできると褒められるといった接し方をされてきたため、中途半端な仕上がりになることに恐怖感を抱いてしまうのです。
ありのままを認められてきた人なら、たとえ仕上がりに不備があってもそこまで思いつめることはないでしょう。

もし、周りでうまくいかないことに苦しんでいる人がいたら「大丈夫だよ」と声をかけてあげてください。
最初はなかなか受け入れてもらえないかもしれませんが、結果だけじゃなく経過を認めてあげるうちに、だんだん気持ちがほぐれてきます。

2.出来のいい自分という姿に酔っている

性格が細かい人は、他人に厳しくする分、自分にも厳しいという特徴があります。
何をするにもまず念入りに下準備をして、作業が終わればまた念入りに不備がないかどうかを調べ、納得のいく仕上がりだと深く満足するのです。もちろん、少しの手抜きをすることもよしとしません。

仕事の場では周りから重宝されますが、どうでも良いようなことまで細かく指摘したがるのがたまに傷。
横からうるさく口を出してしまうので、せっかく一所懸命仕事をしている人が気分を害し、人間関係が悪くなってしまうことも少なくありません。
性格の細かさが自己満足で終わらないのは、困ったものですね。

ただ、本人は良かれと思って指摘しているのであって、決して悪気があるわけではありません。
真正面からぶつかると事が大きくなってしまうので、納得いかないアドバイスならうまく聞き流してしまいましょう。

3.割り勘の時、お金には1円単位までこだわる

お金

友人や恋人との付き合いの中で、性格の細かい人が最も嫌われやすいのがこれ。

普通、社会人同士で割り勘をしようと思ったら、まとめて払う人が端数を負担して後は適当に集めようとしますよね。
ところが、性格の細かい人はどうしてもこの曖昧さを許すことができず「自分が食べた分はきっちり自分で支払うべきだ」と主張し、1円単位までこだわって譲らないのです。これでは、場が白けてしまうのも当然ですよね。

これには、もちろん「たとえ1円でも損したくない」という気持ちもあるのですが、本人にとってはこれが常識であり、逆に「お金のことで、どうしてそこまでアバウトになれるのかが分からない」と真剣に考えているのです。
ですから、もし恋人と食事して端数まできっちり徴収されたとしても、相手に悪気はないので怒るだけムダ。
「付き合いきれない」と思ったら、とっとと別れてもっと大らかな人を探しましょう。

4.性格の細かい人はプライドが高い

性格の細かい人って、とにかく怒りっぽくていつも何かにイラついてはカリカリしていますよね。
これは、自分の思い通りにならないことが許せないから。
単なるワガママなのですが、それをうまく隠しておけないのがこのような人の特徴なのです。

特に、自分が正しいと思ってしていることを批判されたり、アドバイスをされたりすると、瞬間的に頭が沸騰して怒り出します。
周囲はびっくりしてしまいますが、本人はプライドを傷つけられたことで頭がいっぱいで、そんな自分の姿を客観的に見ることができません。
そのうち「触らぬ神に祟りなし」と誰も近づいてくれなくなってしまうのですが、どうしても治らないのですね。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。