ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英国政府、著作権法の新法案撤回

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽をコピーしたりバックアップすることは違法とイギリス政府が著作権法を過去に戻す決断

SpotifyやApple Musicが注目されている今年になって、英国では古い著作権法のディベートに一つ終止符が打たれました。

英国で2014年に登場した個人が所有する音楽を自由にコピーできる著作権法に関する新しい法案が、政府によって撤回されました。これによって英国人は、個人が所有する音楽や動画、電子書籍、DVDのデータをリッピングしたり、音楽ファイルをクラウドサービスにアップロードする行為が再び違法となりました。この法案は2014年10月に、消費者が所有するデバイス間で自由な音楽ファイルの転送を実現する目的で発表されました。

英国における著作権法はデジタルファイルが主流になった現代とは正反対で、非常にアナログ的な内容で進化が遅れていました。音楽ファイルをクラウドに保存したりデバイス別にファイルを移行することは違法と取られてきました。しかし、英国政府が新たな個人用コピー作成する行為を著作権法から例外すると認めた後に、BASCA (British Academy of Songwriters, Composers and Authors)を始めとする音楽団体から今年6月に司法審査の依頼を受けたため高等法院は審理を行ってきました。

その結果、高等法院は著作権法の特例に対して、「損害に関する結論を正当化する証拠が不十分/明らかに不十分」として英国政府の特例は「不完全」という決断を下しました。英国政府は更なる調査で著作権保有者たちに被害が及ばないことを証明することも出来ましたが、今回の決定を受けて、法案を完全に取り下げることにしたことによって、英国でのデジタルデータと著作権管理の問題は再び以前のスタート地点に戻ってきたことになります。

個人用コピー作成を許可する法案が無くなることは、どういうことかと言いますと、英国では理論的に音楽データをコピーできるオプションのあるiTunesは違法となりますし、ビデオテープの映像をdvdに移すことも理論的に違法です。合法にデータを楽しむための方法は、デバイスごとにデータやCDを買い直して管理することが求められますが、果たしてこの方法はデジタルデバイスとクラウドサービスに依存する消費者のニーズに応えていると言えるのか、そして音楽業界のために最大限の努力となっているのか、疑問でしかありません。コピーできることが一般化した時代におけるデジタルデータ中心の著作権法のニーズは大きく課題も多く並びます。それが現存の法律のアップデート版なのか、または全く新しい考え方の法案なのかについての議論とクリエイターや権利者を守る環境の整備が世界で求められています。

■記事元http://jaykogami.com/2015/12/12370.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP