ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テロ対策にも一役買う! ネット上での猫人気はアニメの影響も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月13日夜、パリで発生した同時多発テロ。実行犯が潜伏しているとされるベルギーの首都ブリュッセルでは、深刻で差し迫ったテロの危険があるとして警戒レベルを最高の「4」に引き上げ、学校は休校、地下鉄も運行を停止した(11月27日現在、レベルは「3」に引き下げられている)。するとTwitterが猫の画像で埋め尽くされた──。

 きっかけは、ベルギー警察がTwitterで「SNSに警官らの動向を投稿しないようお願いします」と呼びかけたこと。Twitter上に市内の警察官の画像が流れると、テロの容疑者に捜査活動を察知される可能性があるためだ。その呼びかけに対し、オランダ放送協会のカメラマンが、「ブリュッセルの警察の活動をつぶやく代わりに、うちの猫“モーツァルト” の写真」と、飼い猫の画像をツイートした。

 それに続くように、国民たちは次々と猫の画像を投稿しだした。緊張の走る状況のなか、銃をかまえる猫、サングラスをかけた猫、カフェでくつろぐ猫、さらに「世界を救うのは猫だ!」「“もふもふ”にはテロもかなわない」と、投稿は瞬く間に国境を越え、Twitterは猫祭り。警察当局が“捜査に協力したお礼”として、キャットフードの写真をアップするなど、まさに“猫の手を借りた”テロとの戦いが繰り広げられている。

 写真共有サイトInstagramを見ても猫だらけ。なかでも、今年3月頃に海外を中心に流行したのは、本物の猫を帽子のように頭に乗せてご満悦の“リアル猫かぶり”。まんざらでもない猫の表情に人気が集まった。

 町を歩いていても、いたるところに猫。お茶を飲みながら猫と遊べる猫カフェの数は、全国で200店舗以上にもなっているなど、とにかく最近、猫が大人気。この猫人気について、ニッセイ基礎研究所の松村徹さんは、「猫の魅力に気づいた人が増えた」と分析する。

「もともと猫好きだった高齢者や女性に加えて、猫耳の女の子やアニメキャラがかわいいと、若い男性などにもファン層が広がったのではないでしょうか。また、ネット上の無料写真や動画配信で、猫の魅力が伝わりやすくなったことも要因です」

 猫3匹(さかもと・ニケランジェロ・ライチ)を飼う猫好きで知られるのはアーティストのアレクサンダー(33才)だ。妻の元AKB48川崎希(28才)も猫好きで、2月22日(にゃーにゃーにゃーで猫の日)に入籍したほど。

「物心がついたときから猫好き。耳も肉球もひげも、マイペースなところも全部好き! 家を空けるときは誰かに来てもらって、ペットホテルには預けないようにしているよ。お腹が空くとおしっこをかけてくる。ロックで、さすがオレの猫だなと思った。のんちゃん(川崎)に怒られたときも、さかもとのおかげでその場が和んだりして、感謝してる」(アレクサンダー)

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SNSで猫好きアピールする男に女子苦言「正直イラッとする」
犬と猫どちらを飼うのが良いか 手間暇金かけたくないなら猫
希少な三毛猫のオス 「価値は2000万円」という説の真偽は?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP