体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MA11授賞式】WebとマッシュアップするIoT技術・CodeIQ賞は勉強会探しを便利にするアプリ

没入感がハンパない。「参式電子弓」の恐るべき完成度

2015年8月から10月にかけて全国で開かれたハッカソンイベントなどの予選には、約500名のエンジニアが参加。その集大成であるファイナルステージが、11月18日渋谷ヒカリエホールで開催され、12組による決勝プレゼンテーションと、テーマ賞、パートナー賞などの発表が行われた。

今回のMashup Awards11(MA11)では、APIを提供する企業・団体が過去最高の68に上った。応募総数431作品も昨年を上回る規模。MAというプロジェクトがWebサービス企業やWebエンジニアの世界ですっかり定着していることを示している。

▲リクルートホールディングス MashupAwards 事務局長 伴野智樹氏

この数年、IoT関連の技術がちらほら見られるようになったが、今年はファイナル12作品のうち7つがIoT関連と、その勢いを増しているのが今回の特徴だ。

ファイナルに進んだ応募作品の中から、松山太河氏(ベンチャーキャピタリスト)、藤川真一氏(BASE CTO)、砂金信一郎氏(マイクロソフト・エバンジェリスト)氏ら7名の審査員が選んだMA11最優秀賞は、安本匡佑氏と寺岡丈博氏による「参式電子弓」。

本物のアーチェリーに各種センサ、マイコン、小型PC、モバイルレーザープロジェクタ、バッテリーなどを搭載したARゲームシステムで、本物の弓を扱うように弦を引いて360度全方向に対して仮想的な矢を撃つことができる。

特徴は、インタラクティブプロジェクションマッピングと呼ばれる技術を導入していること。正面を狙って電子弓を構えれば、ゲーム中の正面の映像が投影され、上を向ければゲーム中の空・天井の映像が投影される。

また、弦を引っ張る強度もリアルタイムに計測され、強く引けば強く弾くほど遠くまで飛ぶ速い矢を放つことができる。

このインターフェイスを開発した安本氏(神奈川工科大学情報学部助教)は、東京芸大大学院ではCGを用いたアニメーションやインタラクティブ作品の制作を行ってきた映像メディアの研究者。

IPA未踏ソフトウェア創造事業ではバランスボール・インターフェイスの開発を手がけたこともある。電子弓デバイスは東京ゲームショウでも何度か展示され、話題を呼んでいた。

「昨年のMA10では、複数の携帯デバイスを動的かつ立体的に連携させる作品で優秀賞をいただいたが、今年は最優秀賞を狙うため、電子弓をさらにブラッシュアップして応募した。より聴衆にインパクトを与えようと、弓をこれまでの和弓から洋弓に変え、最終プレゼンの衣裳にも凝ってみた」と、安本氏は狙いが見事に当たり、嬉しそうだった。ちなみに最優秀賞の賞金は200万円と高額だ。

【決勝レポート 】Mashup Battle FinalSTAGE〜全作品紹介〜

MA常連の首都大学東京、今年はIoT部門賞を獲得

MAには学生からの応募も多い。IoT部門賞を受賞したのは、首都大学東京でシステムデザインを学ぶ学生グループの作品だ。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。