ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのテーマ曲が鳴り響く! 『ロッキー』シリーズ最新作のテンション爆上がり映像を先行入手

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人生するかしないかの分かれ道で“する”という方を選んだ男を描き、スクリーンから熱いエールを贈り続けてきた『ロッキー』シリーズ。その魂を正統に受け継いだ最新作『クリード チャンプを継ぐ男』(12月23日全国公開)にて、あのロッキーが、親友アポロの残した息子と共に再び立ち上がる!

米国では11月25日(水)から全米3404館で封切られ、週末3日間で興行収入3012万ドル(約36億円)を突破。『ロッキー』シリーズ全6作品の記録を抜き、史上最大のオープニング記録を樹立した。

このたびガジェット通信が先行入手した日本オリジナルの30秒スポットは、最新作の本編映像に過去シリーズからの厳選映像を加えた胸アツ動画だ。

『クリード チャンプを継ぐ男』胸アツの予告映像(YouTube)
https://youtu.be/96G5fjiY790

耳にするだけで走り出したくなる『ロッキーのテーマ』と共に、世界戦前夜にひとりリングに立つロッキー、名トレーナーのミッキーに見守られてバーベル上げを繰り返すロッキー、大勢のキッズたちとランニングするロッキー、フィラデルフィア美術館の階段を駆け上がりVポーズをキメるロッキーと、その雄姿が次々と映し出される。さらに、バンテージを巻いた拳に気合いを注入する若き日のアポロの姿も。

そして時は流れ、「アポロの息子だ。俺を鍛えてくれ」と、ロッキーの前に突然現れたアドニス。彼の強い思いを受けとめたロッキーは、再び戦うことを決意する。セコンドとなったロッキーと共に、絶対的に不利なアドニスの戦いが、いざ始まる!

なお、これら過去の名シーンを心に刻んで最新作を観賞すると、本編を何十倍、何百倍も楽しめること請け合いである。『ロッキー』シリーズへの愛がハンパじゃないライアン・クーグラー監督(a.k.a.俺たちの仲間)の名演出をすべて受け止めた時、劇場は今年最後の大号泣祭りの会場へと変わるハズだ!

『クリード チャンプを継ぐ男』公式サイト:
http://www.creedmovie.jp

(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP