ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

弘津ヴィンヤード産のぶどう使用、希少価値ワイン「北海道余市 ピノ・ノワール2013」が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サッポロビールは、グランポレール「北海道余市 ピノ・ノワール2013」を12月8日(火)より全国で限定発売する。

同商品は、北海道余市町の協働契約栽培農家「弘津ヴィンヤード」で育て上げたぶどう100%使用。最高峰「シングルヴィンヤードシリーズ」ワインとなっている。

弘津ヴィンヤードは、1990年からぶどう栽培に取り組んでいる余市ではパイオニア的農家で、このぶどうで製造したワインは数々のコンクールで入賞している。

サッポロビールは1984年から余市でワインぶどうの協働契約栽培を開始。余市は冷涼エリアで梅雨がない。そのため、ぶどうが生育する4月~10月の降水量が少なめで成熟が早いといわれている。

北海道では白ぶどう栽培中心であったが、同社はさらなる産地展開のために2000年以降、ピノ・ノワールの栽培と商品化に取り組んできた。その栽培は決して容易くなく国内では正真正銘のレアなワインだ。

グランポレール「北海道余市 ピノ・ノワール2013」は、4044本のみの限定生産、750ml瓶入りアルコール度数13%で参考小売価格4000円・税となっている。

希少価値のあるワインで年末年始『祝杯』をあげるのもアリかも!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。