体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは見事! 食レポ界の重鎮・彦麻呂の前フリからの例えはさすが! 「このまばゆいごはんを彩る具材たち、ロマンチックやな~」

これは見事! 食レポ界の重鎮・彦麻呂の前フリからの例えはさすが! 「このまばゆいごはんを彩る具材たち、ロマンチックやな~」

デビューから様々なキャリアを経て、今やグルメレポート界の重鎮となった彦麻呂さん。グルメレポーターのお仕事が増えてから体重も増加したようですが、体調には気をつけてもらいたいですよね!

そんな彦摩呂さんは、俳優の三浦友和さんと『明治プロビオヨーグルトPA-3』テレビCMに出演中。「プリン体と戦う乳酸菌を使用」しているという『明治プロビオヨーグルトPA-3』にちなんで、プリン体をテーマにしたウェブ限定のスピンオフ動画が特設サイト『スペシャルムービー:彦摩呂の(祝)レポ』で公開中です。これがシリーズ総計で100万回近く再生される人気動画になっているのはご存じでしたか?

pa3_2

スピンオフ動画『彦摩呂の祝レポ~うまいものにはプリン体~』は、実はほぼ全てのおいしい食べ物に入っているプリン体をテーマに、食レポならぬ“祝レポ”を繰り広げるスペシャルコンテンツ。公開された動画は、メニュー別で全10本! 豪快に食べまくる彦摩呂さんから、名人芸ともいえる“プリン体名言”の数々が生まれています。

pa3_3

10本の中でも、特に意外性のある表現が飛び出したのが、“#8 五目チャーハン”。なんと再生回数はシリーズNo.1なのだとか。

pa3_4

「このまばゆいごはんを彩る具材たち、ロマンチックやな~」

ごはんを彩る具材がロマンチック!? 刻まれた野菜や角切りチャーシューがロマンチック?? これには、耳を疑って一旦巻き戻してしまったほど。感受性が豊かすぎる! 

pa3_5

そしてとっても美味しそうに一口頬張ると、「これぞプリン体のイルミネーションや~!」。そう、チャーハンをイルミネーションに例える前フリだったのですよ! いや~、チャーハンからイルミネーション……まったく予想ができないつながり方に、さすが、というほかないです。

このほかにも、カラうまなカレーライスを「プリン体のヒートアイランド現象」肉じゃがを「肉と野菜とプリン体の三者面談」と表現するなど、食事をしているときには中々思いつかないような斬新な言葉をプリン体と絡めてくる絶妙なコメント力には脱帽です。

さらに、彦摩呂さんのコミカルな表情や巧みな技術で、10種類のメニューを明るくおいしそうに紹介しています。意外と、「これにもプリン体が入っているの!?」と驚くメニューもあるかも。彦摩呂さんのリアクションとともに、チェックしてみてください!


・PA-3|祝レポ ♯08 五目チャーハン
動画URL:https://youtu.be/YyareLAi-5k

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。