体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Crevoの中村氏と池田氏が語る「人を動かす力と仮説・分析力」を活かしたエンジニアへの歩み

出発点は「サービス企画」技術力の必要性を痛感しエンジニアへの道へ

就職したのは、大手通信キャリアで、最初の3年はサービス企画部門でした。BtoB向けのSNSやグループウェア、クラウドサービスに関して、新しいサービスを企画・提案することが主な役割。ただ、そこでちょっとした「挫折」を味わうことに…。

そこで気づいたのはいいサービスを企画・計画することよりも、どういうデザインでどう実装するのか、いかにして高速に開発していくのかが圧倒的に大事ということです。競合他社は圧倒的なスピードでサービスを成長・改善させていったので、サービスレベルでも料金面でも全く歯が立ちませんでした。

前職では社内にプロパーのエンジニアがいないし、もちろん自分も全く技術力がないため、いいアイデアを思いついてもそれをすぐ形にしてブラッシュアップできないもどかしさを感じていました。

そこで入社4年目で、社内基盤システム部門への異動を申請し、SEとして技術力を身につけようとしたことが、私にとってのエンジニアキャリアの出発点です。

エンジニアとしてのキャリアをスタートさせたものの、しばらくは協力会社の方とコードを書いておりましたが、実質は主に協力会社への開発ディレクションやマネジメントが中心。自分自身が設計やコーディングをするような機会が少なかったんですね。

そこで、もっと企画から開発、コーディングまでワンストップで関われるチャンスを求めて、転職を決意。企画からコーディングまでインタラクティブな自社コンテンツに主体的に関わることができることや、動画サービスに興味があったことから、Crevoに入社しました。(中村)

株式会社Crevo Engineer 中村 晃之 氏(写真左)
大手キャリアに就職後、3年間は主にクラウドサービスの企画を担当。その後、技術力の必要性を感じて社内基盤システム部門に異動し、エンジニアとしてのキャリアをスタート。2年後、より技術力を高めることと決裁権の近いポジションでの活躍、なおかつ動画サービスに興味があったことから2014年9月、Crevoに転職。

株式会社Crevo Growth Engineer 池田 竜哉 氏(写真右)
前職まではリサーチ業界の企業に在籍し、インターネットリサーチ業務全般に広く関わる。Crevoに入社直前にWebディレクターに異動したことをきっかけに、エンジニアとしてキャリアアップする必要性を認識。クラウドソーシングという新しいテーマに対して、これまでの経験を活かしつつエンジニアとして新たなチャレンジを始めている。

出発点は「調査部」。エンジニアの面白さを知りCrevoで初エンジニアに

前職までいくつかの企業や友人の企業に在籍してきましたが、一貫して調査系の分野で、アンケート票を作成したり、集計・分析する等のリサーチ業務を中心に担当してきました。

その後、ちょうどCrevoに入社する1年半前くらいに、Webマーケティング部門に異動。Webディレクターとして顧客と社内の開発メンバーの間に入りながら、各案件の企画進行業務を担当することに。

そこで、まさに先ほど中村が言っていたような、サービス機能の深い部分がわからなかったり、またちょっとした修正作業もわざわざエンジニアに頼まなければならない手間などにもどかしさを感じるように…。

そのころからエンジニアの業務に興味を持ち始めたことがきっかけで、もっと一からコーディング開発にチャレンジできる環境を求めて、転職を決意。

たまたま当社工藤と話をする機会があり、Crevoならエンジニア歴がなくてもコードをバリバリ書いて経験を積むことができ、さらにこれまでの経験を活かせるチャンスもあるということで入社を決めました。(池田)

「人を動かす力」+「技術的提案」で説得力のある企画提案が可能に

今担当しているのは、当社の主力サービスである動画制作支援システムの企画開発業務。ここで重要になるのは、「最初のディレクション」。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。