ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

L.A.や逗子の別荘売却の浜崎あゆみ 青山から下町方面に転居

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 眼下に東京湾を一望できる下町の高層マンション。最上階にまたがるメゾネットタイプのその部屋は、総面積250平方メートルを超える3LDKにルーフバルコニーつき。浜崎あゆみ(37才)の新居だ。11月下旬の週末の夜、この部屋で引っ越しパーティーが開かれた。

「月約150万円の賃貸マンションだそうです。5億とも10億ともいわれる青山の豪邸に住んでいたあゆが下町方面に引っ越すなんて驚きました」(音楽関係者)

 昨年3月に10才年下のアメリカ人男性・A氏と結婚、ロサンゼルスでの生活をスタートさせたあゆ。しかし、今年に入って拠点を日本に戻した。4月と8月にアルバムをリリースし、9~11月には12年ぶりとなるファンクラブ会員限定ツアーも行っている。

「最初のうちは、ロスの環境に満足していたみたいなんですが、やっぱり海外での生活には難しい部分もあったみたいで…。でも一度日本を離れたからこそ、日本で仕事ができることのありがたさを感じて、以前よりもっと音楽活動に力を入れたいと帰国したようです」(前出・音楽関係者)

 帰国後は10年前から住んでいる東京・青山にある“あゆ御殿”に戻り、母との同居生活をスタートさせた。

「Aさんは日本と海外を行ったり来たりの生活に。あゆも音楽活動で海外を行き来する生活。そんな中、生活をスリム化させて身軽になりたいと思うようになったようです」(前出・音楽関係者)

 あゆはまず神奈川・逗子に持っていた別荘を手放した。

「ロスやシンガポールにも別荘を持っていましたが、今、全部売却処分しているそうです。残したのは自宅兼事務所として使っていた青山だけ。そして、お母さんと一緒に賃貸マンションに引っ越したんです」(前出・音楽関係者)

 10年近く暮らしたこだわりの自宅を出て、あゆは新たなスタートを切った。

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
あゆの夫「マニー」 日本でのあゆ人気を全然知らずに結婚
浜崎あゆみ 米国人夫の「太れ」指令が原因で夫婦仲が悪化か
浜崎あゆみ 新恋人白人男性とバリで同じ部屋に滞在後東京へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。