ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さだまさしが愛する 長崎中華街が誇る大満足特上ちゃんぽん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年7月に軍艦島や旧グラバー住宅などが世界文化遺産に登録されたことで、“行ってみたい街”にたびたび選出されている長崎県長崎市。そんな長崎のなかで話題のグルメスポットとなっているのが、新地中華街だ。その昔、福建省から移り住んだ中国人が開いたこの中華街で人気なのが、長崎出身のさだまさしも愛したという「中国菜館 江山楼中華街本店」の特上ちゃんぽんだ。

 創業以来、約70年の味を守る。鶏のマイルドなスープにもちもちの麺、特上ちゃんぽん(1620円)と特上皿うどん(1620円)は、ふかひれなどの海鮮ほか20の具材が載り、このボリューム!

「ちゃんぽんや皿うどんは長崎の食材を使い、栄養を賄える総合食をと考えられました」と、お店の王玉英さんは語る。

【中国菜館 江山楼中華街本店】
長崎県長崎市新地12-2
営業時間:11~21時(20時半ラストオーダー)
不定休

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元準ミス日本が長崎の皿うどん味「ソースドロップス」を紹介
開店前から行列のできるちゃんぽん麺をたっぷり堪能できる店
濃厚でミルキーなスープが麺や具にからむ「赤坂ちゃんぽん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP