体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Katy Goodman(La Sera)インタビュー

IMG_0752

昨年、惜しまれながらも解散したニューヨークの女性バンド、ヴィヴィアン・ガールズ。そのメンバーのひとり、ケイティ・グッドマンの新たなプロジェクトが、このラ・セラだ。ヴィヴィアン・ガールズ譲りのアグレッシヴなガレージ・ロック・サウンド。それとコントラストをなすスウィートなメロディと、軽やかに駆け抜けるケイティのヴォーカル&コーラス。昨年リリースされた3rdアルバム『Hour of the Dawn』のコンセプトは、ケイティいわく「レスリー・ゴーアがブラック・フラッグをバックに歌っているような作品」。60年代のガールズ・ポップと80年代のハードコア・パンクのユニゾンを思い描いたそのイメージは、まさにラ・セラの音楽的な世界観、そして何よりケイティ本人のルックスも含めた佇まいにふさわしい。今夏、ラ・セラとしては初となる来日公演を行なったケイティに、大好きな音楽のこと、そして意外な過去と実生活について、さらにはレコーディングが終わったばかりというニュー・アルバム(!)の話を聞いた。

―日本に来るのは何回目ですか?

ケイティ「今回で3回目よ」

―日本に来たら必ず立ち寄る店とかあります?

ケイティ「東急ハンズとか、あとファミマとか。おにぎりを買いに」

―ファミマは日本だけなんだ?

ケイティ「あ、そう言えばサンタモニカに一軒あった。それは日本のコンビニみたいな感じでおにぎりも買えるの。ただ、アメリカのセブンイレブンは日本のコンビニとは違ってて、おにぎりは売ってないから。サンタモニカのファミマは日本にあるファミマみたいんだよ」

―レコード・ショップを回ったりは?

ケイティ「まあ、ちょっとはね。でも、基本的にツアー中に買い物するのが好きじゃないんだよね。移動のとき大変になるから。レコードはしかもかさ張るしね。あ、でも、洋服を買うのは好きだよ。ただ、背が高いから日本では自分に合うサイズを見つけるのが難しいんだよね」

―勝手なイメージですけど、ケイティって新しいレコードをマメにチェックするというよりは、好きなレコードを擦り切れるまで何度も聴くってタイプなのかな?と。

ケイティ「たしかにそんな感じかもね。昔の音楽の方が好きだから。やっぱり名作っていうだけあるっていうか」

―データで音楽を聴いたりはしない?

ケイティ「レコードのほうが好きなんだけど、車を運転してるときとかはデジタルで聴いてる。アナログは決して便利ではないからね」

IMG_0405

―去年出たアルバム『Hour of the Dawn』のイメージについて、「レスリー・ゴーアがブラック・フラッグをバックに歌っているような作品」って話していましたよね。

ケイティ「あはははは、そう言えばそんなこと言ってたなあ……すっかり忘れてたけど(笑)。たしかツイートしたんだよね。アルバムの中の“Losing To The Dark”って曲をミックスしてるときに、なんかそんなイメージがパッと浮かんできて」

―じゃあ、あれは事前に描いていたコンセプトではなくて、作り終えた後に沸き上がったイメージだったんですね?

ケイティ「そう、完成したものを聴いて思いついて。『あ、なんかレスリー・ゴアがブラック・フラッグをバックにしてるみたいだな』って」

―「ナンシー・シナトラがミニットメンをバックに歌っている」っていうアイデアだったらどうなってたんだろう?とか勝手に想像したりしてたんですけど(笑)。

 ケイティ「あははははは、いいじゃん(笑)、それもアリだね!」

―レスリー・ゴーアと言えば、今年亡くなられましたよね。

ケイティ「そうだよね」

―僕は“涙のバースデイ・パーティ“みたいな代表曲しか知らないんですけど、昔からレスリー・ゴーアは好きだったんですか?

ケイティ「レスリー・ゴーアも私も同じニュージャージー出身だからね。ジャージー・ガール(ニュージャージー出身の女性)ってとこでは一緒。“You Don’t Own Me”とかね。♪(歌い出す)ユ・ドント・オウン・ミー〜、とか大好き。(歌い続ける)……」 

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。