体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピーアップのオリジナルスマートフォン「Mode1」の対応周波数が判明、CDMA2000にも対応

携帯電話販売店「テルル」を運営しているピーアップが 11 月末に発表したオリジナルフリースマートフォン「Mode1」の対応周波数が公開されました。Mode1 は発表当時、「様々なネットワークで音声通話とデータ通信が利用できる」とされていましたが、対応周波数は公開されていませんでした。Mode1 の対応周波数は、WCDMA B1、CDMA2000 B0 / 6、FDD-LTE B1 / 8 / 26 で、周波数的には、国内キャリアの NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンク(Y!mobile)に対応していますが、FOMA プラスエリアやプラチナバンドには対応しておらず、フル対応というわけではありません。対応周波数は判明しましたが、発売日や価格などはまだ発表されていません。Source : ピーアップ

■関連記事
Galaxy S7では画質と性能が改善されているらしい
Android 6.0 Marshmallow用のGAppsがOpen GAppsプロジェクトより公開
Fossilの公式サイトで「Q Founder」のレザーバンドモデルが発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。