ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語習得よりも楽しい!?マイナー言語習得のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit: Tomoka Aono「フィリピン・メルセデス町ツアー Mercedes, Camarines Norte, Philippines」

こんにちは!TRiPORTライターの冒険女子アオノトモカです。
書店の外国語コーナーは英語学習に関する本で埋め尽くされていることがほとんど。しかし、英語は数ある外国語の一つでしかありません。学校のテストやTOEICで高い点が取れず、「英語が苦手」「外国語を学ぶのが苦痛」と思っている人でも、他の外国語を学んでみたら語学習得の楽しさに気づくかもしれません。

タガログ語習得への挑戦

私が以前、青年海外協力隊のときに暮らしていたフィリピンでは、英語とタガログ語が公用語です。都市部のフィリピン人はほとんど英語でコミュニケーションを取ることができますし、田舎で暮らすフィリピン人の多くも幼い頃から学校やテレビで英語に触れているため、理解することはできます。私はフィリピンの田舎町で青年海外協力隊として活動するためには、英語だけではなくタガログ語が話せたほうが仕事も生活もスムーズに進みそうだなと感じ、タガログ語習得に励みました。

もちろん最初はタガログ語の基本的な文法や単語を覚えるのに一苦労。フィリピン人独特のタガログ語と英語をミックスして話す「タグリッシュ」にも戸惑いました。彼らの頭の中では英語とタガログ語のスイッチが頻繁に入れ替わり、私にとっては2種類の外国語を同時に使うという、かなり複雑な頭の使い方をしなければなりませんでした。

学ぶことの喜び

筆者撮影

しかし、タガログ語を学ぶのは全く苦ではありませんでした。なぜならタガログ語で会話したほうが、明らかにフィリピン人は心を開いてくれるからです。私が英語しか話せなかった頃は、私とコミュニケーションを全く取ろうとしなかったシャイな同僚も、私がタガログ語を習得するとジョークを言ってきたり、積極的にコミュニケーションを取ろうとしてくれました。また、私のことを遠くから観察しているだけだった子供達も、私がタガログ語を話せると知るや否や、好奇心が爆発したように私自身や日本に関する質問を投げかけてきました。

Photo Credit: Tomoka Aono「ナガでウェイクボーディング&ローカルトロリー体験!」

知らないフィリピン人に会ったときに、タガログ語で話すと「あなたタガログ語話せるの!?」と一気に表情がゆるみます。そして「君はもうフィリピン人だ! 僕たちの仲間だ!」と、とても嬉しそうにしてくれます。こうした相手の反応が、もっともっと言葉を学びたいという大きなモチベーションになったのです。正直、英語を学んでいた頃よりもタガログ語を学んでいた頃のほうが、喜びは大きかったと思います。

相手の言葉で話すのは、相手の文化に触れること

筆者撮影

英語は国際的な言語として世界中の人に話されており、国際社会では英語を話せるというのは当たり前のことです。そのため英語が話せるからといって、相手が特別喜んでくれることはあまりありません。しかし、タガログ語をはじめとする、よりマイナーな言語は少し話せるだけでその国の人がとても喜んでくれます。それは、日本人が日本語を話せる外国人に出会ったときに驚いたり、親近感を感じるのと同じです。

筆者撮影

私は海外に行くとき、その行き先の国の言葉で「こんにちは」と「ありがとう」は最低覚えて行きます。たとえ一言二言でも、その国の言葉を発すると現地の人は、より親しみのある笑顔で応えてくれるからです。言葉はコミュニケーションツールですが、母国語はその人の育った文化の一部です。相手の母国語でコミュニケーションを取ろうとすることは、相手の文化に興味があり、それを尊重しようとする姿勢を見せることでもあると思います。

日本人にとって、英語だけが外国語ではありません。英語が苦手だと思っているアナタも、自分がこれから行く国や興味がある国の言語を学んでみたら、外国語を学ぶことの楽しさに目覚めるかもしれません!

文・写真:アオノトモカ「冒険女子」

フィリピンの旅行記はこちら

*Tomoka Aono「フィリピン・メルセデス町ツアー Mercedes, Camarines Norte, Philippines」
*Tomoka Aono「ナガでウェイクボーディング&ローカルトロリー体験!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP