ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

萩尾望都原画展ファイナルでは『トーマの心臓』名シーンを追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年3月に東京で開催された『萩尾望都「銀の船と青い海」原画展』が、ファイナル開催として東京へ帰ってきます。
今回の開催は12月5日~12月12日で、時間は11:00~19:00。会場は前回とおなじく東京銀座のスパンアートギャラリーで入場無料にて行われます。

【関連:萩尾望都、紫綬褒章受章後初作品はかつてないほど“恋愛”や“性”に踏み込んだ漫画『王妃マルゴ』】

今回は京都会場から追加された名作『トーマの心臓』のマンガ原稿8枚が東京会場で初展示されるほか、東京会場のみの追加展示原稿も予定されています。告知によると「神さま 神さま 御手はあまりに遠い」を含むあの名シーン。さらにグッズも追加され、新規製作のクリアファイルなどがTwitter上で告知されています。

※「萩尾望都原画展ファイナルでは『トーマの心臓』名シーンを追加」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP