体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自衛隊観艦式2015・訓練展示 しまかぜ祝砲発射にブルーインパルスの展示飛行

さる10月18日に相模湾で行われた第28回自衛隊観艦式。今回はFLEET WEEK、観艦式に引き続き、訓練展示についてご紹介します。なお、取材を行ったのは10月15日に実施された2回目の予行でしたので、特記のない限り、使用されている写真や映像は15日に撮影されたものです。

航空部隊を見送ると、観閲部隊・観閲付属部隊、受閲部隊の各艦艇は、それぞれ180度回頭を行い、もと来た方向に向けて航行を始めます。これは観艦式に続く訓練展示への準備。受閲部隊は訓練展示の為に隊列を変更し、祝賀航行部隊の外国艦艇は隊列から離れます。

【関連:自衛隊観艦式2015 掃海母艦うらがに乗艦して】

180度回頭する受閲部隊(撮影:海上自衛隊写真員・18日)

180度回頭する受閲部隊(撮影:海上自衛隊写真員・18日)

準備が整った12時44分、予定通りの時刻に訓練展示が始まります。まずは護衛艦しまかぜ(DDG-172)による祝砲発射。艦の前後に装備された砲から、交互に空砲射撃を連続して行います。

しまかぜが祝砲で5インチ砲を発射

しまかぜが祝砲で5インチ砲を発射

▼【観艦式2015】しまかぜ(DDG-172)の祝砲発射(10月15日)
https://youtu.be/yAT3kt8uENE

この祝砲(空砲)の連続発射が行えるのは、手動で装填・発射が行える73式54口径5インチ単装速射砲を装備した護衛艦くらま(DDH-144)、護衛艦はたかぜ(DDG-171)、護衛艦しまかぜと、専用の礼砲を装備している練習艦かしま(TV-3508)のみ。
護衛艦きりさめ(DD-104)・さみだれ(DD-106)・おおなみ(DD-111)の3隻による戦術運動(旗りゅう信号により、一斉にS字運動をする)に続き、潜水艦こくりゅう(SS-506)とうずしお(SS-592)が、急速潜航・浮上する連続運動を行います。艦全体の動きだけでなく、セイル部につけられた潜舵(セイルプレーン)の動きや、潜望鏡の格納など、細かい動きにも見所のある展示です。

▼【観艦式2015】潜航・浮上するこくりゅう(SS-506)(10月15日)
https://youtu.be/rT3uTzg8SEE

浮上するうずしお

浮上するうずしお

続いて、輸送艦おおすみ(LST-4001)搭載のLCACが高速航行する予定だったのですが、18日の本番は波が高く、この展示はキャンセルされました。事前公開の12日・15日には実施されています。12日も少々波が高く、LCACが巻き上げた潮が甲板にいた人たちにかかって、カメラなどが濡れ、大変だったようです。

海面を疾走するLCAC(15日)

海面を疾走するLCAC(15日)

▼【観艦式2015】疾走するLCAC(10月15日)
https://youtu.be/kxjsSG-HY9Y

次にミサイル艇おおたか(PG-826)、くまたか(PG-827)、しらたか(PG-829)の3隻によるIRデコイ(赤外線探知ミサイルを撹乱する為の高熱源体)発射と高速航行の展示。本番の18日は波が高く、高速航行は残念ながらキャンセル。取材した15日は海面状態が良かったので、観閲部隊の間を高速で駆け抜けていく姿が見られました。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy