ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「怠け者になりなさい」という言葉が響く 水木しげるさんの「幸福の7か条」に岡本夏生が共感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、惜しまれつつ亡くなった漫画家・水木しげるさんが遺した名言「幸福の7カ条」が話題となっている。

第1条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第2条 しないではいられないことをし続けなさい。
第3条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第4条 好きの力を信じる。
第5条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第6条 怠け者になりなさい。 第7条 目に見えない世界を信じる。

テリーも称賛「時間が経つことを忘れるのが、一番の仕事選びの条件」

驚くべきことに水木さんは「努力は人を裏切らない」「働き者になれ」といった一般的な道徳とは、まるで逆のことをおっしゃっている。しかしこの幸福論は、水木さんが何十年にもわたって世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から見つけ出した「幸せになるための知恵」というから説得力がある。

この名言に、芸能界からもいろんな声が挙がっている。テリー伊藤は12月1日の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、「水木さんの(名言の日めくり)カレンダーが欲しい」とこの7カ条を絶賛した。特に第2条の「しないではいられないことをし続けなさい」に対し、「時間が経つことを忘れるってのが、一番の仕事選びの条件」と共感していた。

また同じ日、「五時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した岡本夏生も、この7カ条を「すべて心にくる」とし、特に第6条の「怠け者になりなさい」に強く反応していた。「怠け者」をヨシとせず、逆に機敏にテキパキ働くことが正しいとされる現代人は「ハンドルの遊びの部分」がないと言う。

番組終わりで「今日どうだった?」と話す5分、10分はとても重要なのに、ほとんどの人はすぐに帰ってしまう。岡本はそんな風に殺伐とせず、心のゆとりや遊び感覚も大切にすべきと熱弁した。

「要はもうみんなキチキチし過ぎちゃってギスギスしてるから、鬱病も精神的ストレスも多い。(…)こういう殺伐した世の中になったからこそ、『怠け者になりなさい』という言葉がすごく私の中では響くし、怠け者になったときに初めて、何かが生まれたり発明が出てくると私は思う」

努力すら苦痛にならない、夢中になれる仕事に巡り合いたい

キャリコネニュースを見ている人は、おそらく「努力して頑張っていこう!」とか「仕事怠けたらニートになりそう」とか気合いを入れている人もいるだろうと思う。

だから水木さんの言う「努力は人を裏切る」や「怠け者になれ」という言葉にはちょっと肩すかしを喰らうかもしれない(いや、どちらかというと「社畜批判」とかしてるから、働き者が原因となる問題も知ってるのかもしれないけど)。

しかし、ここで言うそれら名言の意味は「ただ怠けろ」といったものではなく、「好きだという力を信じ、しないでいられることをし続ければ、努力すら楽しい(つまり努力だと感じない)」「続けるためには怠けることも必要」ということを忘れてはならない。

それにしても努力すら苦痛にならない、夢中になれる仕事に巡り合えて、それにずっと関わっていける人生なんて、あぁなんて幸福なことか。(文:みゆくらけん)

あわせてよみたい:高い内定率の秘訣は「ゆるくて楽しい」コミュニティ作り
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP