ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事モードから夜遊びモードへ。短時間で変身できるヘアアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事が終わってからの、食事やデートの約束。クリスマスや忘年会など、特別なイベントいっぱいの12月は、夜になってから待ち合わせをする機会も多くなります
待ち合わせ場所へそのまま向かうのではなく、ちょっと気分を切り替えて、テンションも上げたい! そこで、仕事モードから一転、色っぽさをプラスしたお出かけモードに変身するヘアアレンジのワを紹介します。

ポニーテール全体にボリュームをプラス

@blohauteが投稿した写真 – 2015 10月 7 6:01午後 PDT

▼作りかた
1. サイドの髪を残し、手ぐしでざっくりと後ろにまとめ、低い位置で結ぶ
2. トップの髪を軽く引き出しながら、ラフな感じにする
3. 内側から逆毛をたてて、ポニーテールの毛束にボリュームを出す
4. 結び目のゴム部分は隠すように、髪を巻いて留める
オフィスではピシッと髪をまとめていても、仕事後にちょっと結びなおすだけで、ニュアンスの違うポニーテールに。ふわっと膨らんだ毛束のボリュームが、堂々とした存在感と、女性らしい雰囲気を作るのに一役買ってくれそうです。

三つ編みを絶妙に色っぽくまとめる

@blohauteが投稿した写真 – 2015 11月 2 9:10午前 PST

▼作りかた
1. サイドの髪を残し、片方で三つ編みをする
2. 三つ編みの先を内側に入れ込み、まとめてピンで留める
3. サイドの髪を上から軽くかぶせるように沿わせ、ピンで留める
アシンメトリーな三つ編みアレンジは、ゆるっとまとめるのが、品良く仕上げるコツ。自然に垂れる横髪と、耳が見えないくらいのゆったり感を計算することで、ナチュラルな色っぽさを保てます。

「盛り」と「後れ毛」で夜遊びモードへ

Sarah Angiusさん(@sarahangius)が投稿した動画 – 2015 11月 5 12:12午前 PST

▼作りかた
1. ポニーテールのまま、トップの髪を少しずつ指で引き出し、ふっくら盛る
2. 後ろの毛束を丸めて、ピンで留める
3. サイドのヘアを引き出し、後れ毛っぽさを演出
4. 仕上げに華奢なタイプのカチューシャをON
スーツに似合うきっちりポニーテールから、華やかな夜遊びモードへ早変わり。ポイントは「盛り」と「後れ毛」です。
ヘアピンとカチューシャをバッグに忍ばせておけば、いつでも簡単にできるので、覚えておくと便利です.
ヘアアレンジを工夫すると、髪型だけでなく、自分自身のマインドも変わります。忙しい12月ですが、仕事が終わったらワクワクした気分に上手く切り替えて、クリスマスシーズンをめいっぱい満喫したいものです。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・お誘いが多い12月を乗り切る、うまい断りかたまとめ
・男性の「30歳までに結婚とか考える?」にドキドキさせる返答
・ショックな出来事こそ起爆剤【12月2日】クリスマス☆ラブアドベントカレンダー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP