体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表トリニティ株式会社は事前の予告どおり、自社製作によるWindows 10 Mobile「NuAns NEO」を11月30日に発表しました。2016年1月より販売開始予定で、事前予約は発表日より開始しています。
何と言っても目を惹くのは「デザイン」。これまでスマホにはなかった魅力と価値を感じさせてくれます。

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表

こうしたデザインになった背景には、これまでデスクトップやラップトップといったデジタルデバイスが手の中に収まるスマホサイズになったことで、特定の場所・スペースで使っていたモノが、これまで利用することのなかったベッドサイドやリビングといった空間でも使えるように変化。

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表

そこでインテリアや雑貨など生活空間に溶け込む密着したデザインの製品を作っていきたいと、トリニティの代表取締役社長 星川哲視氏は考え、この4月に「NuAns」というiPhone向けのデジタルアクセサリーブランドを立ち上げたとのこと。

NuAnsは、新しいライフスタイルを提案するという「New Answer」と雰囲気を表す「Nuance」を掛けあわせた言葉。「新たなライフスタイルの中心となるのが『NuAns Neo』」と、星川氏は自信に満ちた表情で力強くコメントしました。

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表

通常NuAnsブランドは、トリニティが手掛けるアクセサリーブランド「+simplism」と治田将之氏と青木亮作氏のクリエティブユニット「TENT」のコラボレーションによって生み出されています。

NuAns Neoの製作にあたっては、NuAnsチームに加え、ハードウェア・ソフトウェア、インフラなどあらゆる技術に精通するフラーランスマルチエンジニアの永山純一氏と、ガジェットやITを中心に取材・執筆を行っているジャーナリストの本田雅一氏がジョインして誕生しました。

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表

星川氏は「iPhoneは別にして、周りを見渡したときに欲しいと思える端末がなかった。OEMやODMといった方法を使えば簡単に作ることができるし、コストもあまりかからずスピード感を持ってできる。しかしそこにオリジナリティもなければ、New Life Style、New Answerを見せることもできない。時間や労力はかかるけど、自分たちが欲しいと思える端末を作ろうと思ったら、自然とこの方法をとることになった」

こんなの待ってた!と思わせるWindowsスマホ「NuAns NEO」発表

NuAns Neoは、本体部分のCOREユニットにユーザが好みの外装を組み合わせることができます。外装は上下のパーツを組み合わせるカバータイプの「TWOTONE」と、手帳スタイルのケース「FLIP」の2つが用意。購入時には自分の好きな組合せを選択して注文をしますが、後日、別のパーツを買って付け替えることもできます。なお、TWOTONEは上下それぞれ8種類用意されており、計64パターンの組合せが可能となっています。カラーだけでなく、素材も異なるパーツの組合せは考えるだけでも楽しいですね。

価格はCORE本体が39,800円。TWONTONEは上部が1,500円からで、下部は1,400円から。FLIPタイプは2,750円からとなっています。最も安いのはCORE+FLIPの構成で42,550円からです。

COREとケースの部分には、ちょうどSuicaなどの電子マネーカードを収納できるスペースが作られており、そこに手持ちの電子マネーカードを入れることで、まるでモバイルSuicaのように使用することも可能です。(画像右下部分)

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。