ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンドリュー・ウェザオール、来春に新作をリリース、そして来日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

UKのダンス / DJ・カルチャーにおける、アンダーグラウンドの象徴、永遠のパイセン、アンドリュー・ウェザオール。

このたび本人名義としては2作目となる待望のニューアルバム『Convenanza』を7年振りにリリースすることを発表した。

リリースは2016年1月22日(金)。リリースは自身のレーベル〈Rotters Golf Club〉より。

1980年代末、セカンド・サマー・オブ・ラヴの喧騒のなかウェアハウス・シーンから頭角を現し、1990年代に入り彼がプロデュースし、そんなムーヴメントの空気をいっぱいに染み込ませたプライマル・スクリームの『スクリーマデリカ』はバンドの代表作、いやUKロック史に残る1枚となった。

また1990年代後半、セイバーズ・オブ・パラダイスを解散したのちのトゥーローン・スウォーズメン、ジ・アスフォデルズ、さらに最近の限定版アナログによる極アンダーグラウンドな活動は、テクノ、ハウスのみならず、UKのアンダーグラウンド・カルチャーにおいて重要な動きをしてきたと言えるだろう。

そんな彼のひさびさのソロ作品が来春リリースされるのだ。内容に関してはまだまだアナウンスされた

また来年開かれる4月29日から5月1日に行われる野外フェス〈RAINBOW DISCO CLUB 2016〉の出演も決定、東京・大阪でのクラブイベントも開催決定している。(河村)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP