体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

組織を変えた伊藤直也氏のアドバイス──ハウテレビジョンは企業の成長痛をどう乗り越えたのか

 就活情報サイト「外資就活ドットコム」で成長するハウテレビジョン。スタートアップから成長期に移行する過程で生じた技術的問題とは?

それらを解決し、さらなる飛躍を勝ちとるべく伊藤直也氏を技術顧問に招いた同社。 伊藤氏が彼らにアドバイスしたのは、果たしてどのようなことだったのか。


「これはよくあるパターンだ」と伊藤氏は感じた

はてなではCTOとして「はてなブックマーク」などを開発、グリーではソーシャルメディア統括部長としてソーシャルゲームの成長を技術面から支えた伊藤直也氏。2012年にフリーになってからは、複数のITスタートアップの技術顧問として活躍している。

2015年7月からは、グローバルプロフェッショナルを目指す学生に向けた就職情報インフラサービス「外資就活ドットコム」を運営するハウテレビジョン(東京・渋谷)の技術顧問に就任した。

▲株式会社ハウテレビジョン 技術顧問 伊藤直也氏

「もうこれで技術顧問をさせていただいている会社は5社目。もう無理、いっぱいいっぱい」 それでもハウテレビジョンからの要請に応えたのは、紹介者がグリーCTOの藤本真樹氏だったから。

「藤本さんはお世話になった元上司ですし、ハウテレビジョンCFOの山﨑さんとは中学時代からの友人だというし、話を聞かないわけにはいかなかったですね(笑)」

ハウテレビジョンは、2010年2月の創業。代表の音成洋介氏は、自身が就職活動で苦労した経験をまとめた就活指南ブログが人気で、それが事業の母体になった。 創業当初はハウツー動画サービスを立ち上げようとしており、社名もそこに由来するが、うまく立ち上がらず、現在のリクルーティングサービスに方向転換した。

伊藤氏に技術顧問就任を要請したのは、もちろんハウテレビジョンが技術開発に大きな課題を抱えていたから。伊藤氏は話を聞いてすぐに「これはスタートアップが成長期に入るときに、よくあるパターンだな」と感じたという。

「創業時からいるエンジニア2名が3年半にわたって技術を引っ張ってきたのだけれど、技術的には少し負債の悪影響が出てきている頃合いだし、どんな言語を使用するかなど含めて基本的なところで開発のルールが明確ではなかった。事業が軌道に乗るようになって新たに人を採用するようになったが、開発組織をきちんとマネジメントした経験者がいないこともあり、誰が技術面でのリーダーなのかがはっきりしない。それが混乱の要因だ」と見抜いたのだ。

「リーダーは君だ」そう言うだけで組織は変わった

伊藤氏に相談をもちかけた開発本部長の大西貴之氏もこう言う。前職は時事通信社のシステム開発部門。ニュースサイトや、記事検索システム、選挙報道システムの開発など、4年半に渡って実績を残した後、ハウテレビジョン創業に加わった。

「創業時のシステム開発はいわゆるカウボーイ・コーディング。開発自体は楽しかったので突っ走ってきたけれど、早5年経ち、サービス規模を大きくする上では限界もあった。ものづくりにあたってのフロー整備や開発組織のマネジメント、さらにチームビルディングの必要性を痛感していたけれど、どこから手をつけていいのかわからない状態でした」

▲株式会社ハウテレビジョン CTO 大西貴之氏

伊藤氏が最初にはっきりさせたかったのは、「エンジニアの中では誰がリーダーなのか」ということ。営業や企画サイドから開発チームに寄せられる案件に対してプライオリティをつけられる人は誰なのか。 レガシーコーディングなどこれまでの技術的な“負債”を返済し、これからの技術の方向性を指し示すことのできる人は誰なのか。

「みんな大西さんにリーダーになってほしいという顔をしていたんですよね。曖昧にはなっていましたけど、その雰囲気は見てわかった。それを代弁して『あなたがリーダーなんだよ』とみんなの前ではっきりさせただけです。それで、チームの雰囲気はガラッと変わりました」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy