ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アデル 最新作『25』が驚異的新記録とともに米ビルボード・アルバム・チャート堂々の首位デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アデル 最新作『25』が驚異的新記録とともに米ビルボード・アルバム・チャート堂々の首位デビュー

 歴代最高の初動枚数、3,480,000枚を獲得し、初の週間300万枚突破という快挙を成し遂げた、アデルの3rdアルバム『25』が堂々の首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 11月20日に世界同時発売された、アデルの新作『25』は、リリース前から“驚異的な売上になる”という話題が絶えなく続き、結果、週末3日間だけでも200万枚を突破し、週間セールスは、350万枚に迫る驚異的な数字をたたき出した。この記録は、2000年3月にリリースされた、イン・シンクの2ndアルバム『ノー・ストリングス』の初動枚数、242万枚を100万枚近く上回る記録更新で、アメリカだけにとどまらず、世界各国で大ヒット、首位デビューを果たしている。

 本国UKでは、オアシスの『ビィ・ヒア・ナウ』(1997年)が持つ記録、69万枚を上回る、初動80万枚を突破し、歴代首位に輝いた。また、来年2月末からスタートする本作のツアーも決定し、チケットは12月4日から発売予定。現段階ではヨーロッパ方面の公演のみが発表されているが、『25』の大ヒットを受けて、アメリカやアジア方面での追加公演も期待できるかもしれない。

 2016年のチャート集計がはじまったばかりではあるが、来年の年間アルバム・チャートは、本作『25』が首位に輝くことは間違いない。注目されるのは、その累計枚数。2011年にリリースした、前作『21』は、この売上が下降しているミュージック・シーンの中で、2010年代、唯一1000万枚(ダイヤモンドアルバム)という大記録を打ち出している。次週も、2週目にして100万枚突破が期待される『25』が、1年を通じてどこまで数字を伸ばすのか、前作『21』の驚異的な記録を上回るのか、今後の動向に注目が集まる。その『21』は、本作のリリースを受けて、先週の25位から9位へ、再びTOP10入りを果たしている。

 アデルの記録に話題をさらわれてしまったが、先週首位デビューを果たした、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』(2位)も、先週の初動枚数65万枚に続き、今週は30万枚を獲得し、たった2週でミリオン目前という記録を打ち出す快挙を成し遂げている。また、シングル・チャートでは「ソーリー」が2位に、「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が4位に再浮上し、TOP10内に3曲、TOP100以内には12曲ものタイトルをランクインさせている。アデルの記録があまりにも凄まじく、大きな話題とはならなかったが、ジャスティン・ビーバーが打ち出した快挙も、本来は注目されるべく記録だ。

 4位に初登場したのは、東海岸出身のラッパー、ジェイダキスの新作『トップ 5 デッド・オア・アライヴ』。「ホワイ」(2004年)や、ジェニファー・ロペスの「ジェニー・フロム・ザ・ブロック」(2003年)などのヒットをもつ人気ラッパーで、本作は2009年の『ザ・ラスト・キス』に続く、5年半ぶり、4作目のスタジオ・アルバム。2001年のデビュー作『キス・ザ・ゲーム・グッドバイ』から4作すべてがTOP5入りを果たし、R&Bチャート、ラップチャートでは、3作連続の首位獲得となった。

 8位には、冬の代名詞こと、エンヤの新作『ダーク・スカイ・アイランド』がデビュー。2008年リリースの7thアルバム『雪と氷の旋律』から、7年ぶりとなる8枚目のオリジナルアルバムで、1995年の5thアルバム『メモリー・オブ・トゥリーズ』から、5作連続のTOP10入りを果たした。本国アイルランドでも、15年ぶりのTOP10入りとなり、オーストラリアやUKでも、TOP5入りを果たしている。

 エンヤをはじめ、今週から4~5週に渡って、ホリデーアルバム(クリスマスアルバム)が売上を伸ばすことになる。13位から6位にアップしたペンタトニックスをはじめ、TOP10以下でも、28位のマイケル・ブーブレや、53位のマライア・キャリーなど、例年のメンバーたちが上昇し始めている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、2日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

12月12日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
12月12日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
米でついに300万枚突破のアデル『25』、オアシスの全英記録も塗り替える

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。