ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アデル 米ビルボード・シングル・チャート5週目の首位に、ジャスティン・ビーバーは引き続き12曲が100位内にランクイン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アデル 米ビルボード・シングル・チャート5週目の首位に、ジャスティン・ビーバーは引き続き12曲が100位内にランクイン

 今週のアルバム・チャートで歴代記録を更新した、アデルのアルバム『25』からの先行シングル、「ハロー」が5週目のNo.1をマークした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 初動枚数(週間セールス)が、350万枚に迫る売上を記録し、歴代アルバム・チャートの記録を塗り替えた、アデル。本作の大ヒットは、先行シングルとしてリリースされた、この「ハロー」の大ヒットがあってこそで、再生回数が5億5000万回を突破したストリーミング・ポイントや、デジタル・セールスが200万ダウンロードを記録したことも、アルバムのセールスに大きく反映している。

 アルバム『25』からの2ndシングルとしてリリースが予定されている、「ホエン・ウィー・ワー・ヤング」は、今週22位に初登場していて、正式なシングル・カットとビデオのリリースが決まれば、2曲目のNo.1獲得は間違いないだろう。アルバムからは、この2曲の他に、70位に「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」、79位に「センド・マイ・ラブ」、87位に「レメディ」が初登場している。

 5曲を送り込んだアデルの記録も驚異的といえるが、先週、TOP100内に17曲をランクインさせた、ジャスティン・ビーバーは、今週も引き続き12曲ものタイトルを100位以内にランクインさせている。アルバム『パーパス』は、登場2週目も30万枚のセールスを獲得し、間もなくミリオンを突破する。2ndシングル「ソーリー」は今週2位に停滞、1stシングル「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」は再び4位へ息を吹き返した。先週4位に初登場した「ラヴ・ユアセルフ」は7位にダウンしたが、それでも2週連続でTOP10内に3曲を送り込んだ記録は、快挙といえる。

 そのジャスティンの元彼女としても注目されてきた、セレーナ・ゴメスの新曲「セイム・オールド・ラヴ」が、今週11位まで上昇、次週はTOP10入りを果たすことが予想される。No.1デビューを果たした2ndアルバム『リバイバル』からの2ndシングルで、先立ってTOP10入りを果たした、1stシングル「グッド・フォー・ユー」に続き、2曲連続のTOP10ヒットが期待される。

 また、セレーナと共に2010年代の歌姫として君臨するデミ・ロヴァートの新曲「コンフィデント」も、先週の36位から28位へジャンプアップした。先月公開された、アクション映画調のビデオが徐々に話題を呼び、再生回数が5000万回視聴を記録している。デミは、この夏「クール・フォー・ザ・サマー」がスマッシュ・ヒットを記録し、TOP10入りを果たしたばかり。セレーナに続き、アルバムから2曲連続のTOP10入りなるか、こちらも注目したい。

 今年、最もブレイクしたアーティスト、ザ・ウィークエンドの新曲「イン・ザ・ナイト」が、54位に上昇中。3週の首位をマークした2ndアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』からの4thシングルで、ヒットメイカー、マックス・マーティンが手掛けた、シンセ・ポップ調のミッドチューン。11月17日から配信がスタートし、デジタル・セールスが好調。ビデオのリリースが決まれば、一気に上昇することが予想され、アルバムから4曲目のTOP10入りも期待できる。この曲のヒットもあってか、アルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』は、先週の8位から5位へ再浮上、累計枚数は80万枚を突破している。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、2日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

12月12日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
12月12日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Album Preview: 歴代アルバム・チャート記録更新なるか?アデル約5年ぶりの新作『25』がいよいよ11月20日世界同時リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。