ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

規制緩和で急成長の格安タクシー 規制強化で狙い撃ち対象に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在東京都23区内でタクシーの初乗り料金は「2kmで730円」だが、近距離でも気軽に利用できるように、これを「初乗り880mで370円」する実証事件が2016年度にも行われる見込みだ。変革の兆しが見えているとはいえ、そもそもなぜ、日本のタクシーの初乗り料金はバカ高いのか。

 ニューヨークの場合、320mで301円、ロンドンは259.8mで451円である。チップを含めたり、長距離になれば日本の方が安くなるが、初乗りが高いのは事実ではある。経済アナリストの森永卓郎氏は「業界と官庁の癒着」が最大の理由と指摘する。

「タクシー業界の締めつけや監督官庁の指導があり、各社がタクシー料金を自由に決められない実態がある。業界と監督官庁の“阿吽の呼吸”で料金が決められています」

 近年のタクシー業界の歴史は規制強化と共にある。2000年代の小泉政権時代に規制緩和でタクシーの新規参入や増車が原則として自由化された。タクシー台数が増えて競争が激化し、売り上げが低迷したことに危機感を抱いた業界は、政治家と官僚と手を組み、規制を強める反撃に転じた。

 2009年に運賃審査を厳しくする「タクシー適正化・活性化特別措置法」が成立。さらに2013年には議員立法による改正で運賃規制が強化された。

 従来、タクシー料金の運賃幅(上限と下限)は国が決めていたが、事業者の経営状況によって「下限割れ運賃」も許可されていた。ところが2013年の規制強化により、運賃の下限を守らないと、車両の使用停止や事業許可の取り消しという重いペナルティが科されるようになった。

 影響をモロに受けたのが「庶民の味方」である格安タクシーだ。2000年代、屋根の上に500円の行灯をつけて颯爽と登場したワンコインタクシーなどの格安タクシーは規制緩和ブームに乗って急成長したが、昨今の規制強化で「狙い撃ち」にされている。

 その好例が福岡の格安タクシー会社「BLUE ZOO」(パンダタクシー)だ。2007年の営業開始以来、「初乗り850mで300円」という超低価格を続けるパンダタクシーは長距離でも5000円を超えると加算額が半額になる破格のサービスが人気だ。

「創業以来、2000円台より300円のお客さまを大事にする経営理念で営業しており、老若男女問わず幅広い層に利用してもらっています。博多の中心地・天神周辺で短距離の移動をするお客様を中心に支持されています」(BLUE ZOO担当者)

「短い距離こそ大切に」という経営努力で利用客を増やしたパンダタクシーだが、2014年4月、「下限割れ運賃」の不認可をタテに九州運輸局が横槍を入れた。国の定めた運賃額を下回る料金で営業しているとして、パンダタクシーなど2社に運賃是正勧告を出したのだ。近畿運輸局も23社に同様の勧告をしている。

 その後もパンダタクシーらが国に対して運賃変更命令の差し止めを求めるなど、国と民間会社の係争が続いている。この間、逆風に見舞われた格安タクシーの車両数は激減し、利用者にとっても不利益となった。

 ところが、ここに来て画期的な判決が下された。大阪の格安タクシー会社「ワンコインドーム」が国による初乗り運賃の引き上げは「営業の自由の侵害」にあたると訴えた裁判だ。11月20日、大阪地裁は国の値上げ措置を「裁量権の逸脱・乱用」としてワンコインドームの主張を認めた。判決後の記者会見で同社の町野勝康社長は、判決をこう評価した。

「国に一矢報いることができた。公定幅運賃は、庶民のための安いタクシーをつぶすものだ」

 ここでもタクシー業界の潮目が変わるかもしれない。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
タクシー880m370円案にタクシー会社社長 「お客様が喜ぶ」
タクシー料金 値上げすれば本当に運転手の収入が安定するか
デフレ経済下でもタクシー初乗り運賃が上昇し続けた理由とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。