ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前田敦子と伊藤蘭 中華料理店で新旧センター4時間半の会合

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋冬シーズン、中華料理店で旬な人気食材はなんといっても上海蟹。東京・六本木の著名人も多く通う高級店でも、この季節いちばんの人気メニューは約2万円を超える上海蟹のコース料理だ。11月下旬のある夜、前田敦子(24才)はこの店でなにやら真剣に話し込んでいた。

「年上の女性と打ち解けた様子で話していたので、母娘なのかと思いました。でも女性が“苦手な食べ物はない?”なんてやさしくあっちゃんに声をかけていて、アレと!? と思ったら、それは伊藤蘭さん(60才)だったんです。新旧トップアイドルの豪華な顔合わせでした」(居合わせた客)

 前田はこの日、約1か月続いた舞台『青い瞳』の千秋楽を終えたばかり。第二次大戦後、戦場と故郷とのギャップに戸惑う男性を演じる中村獅童(43才)の妹役を務めたのだが、その母親役が伊藤だった。

「前田さんにとって今回はまだ2度目の舞台で、昨年の初舞台でも蘭さんと共演していたんです。そのときは初舞台のうえに大御所の蜷川幸雄さん(80才)の演出とあってあっちゃんは出演前から不安を抱えていました。そんなときに相談に乗ってくれたのが蘭さんでした。ドラマと舞台の演技の違いや心がけを丁寧に教えてくれたそうです」(舞台関係者)

 今回の舞台でも脚本や演出が大幅に変更されることがたびたびあり、前田は日々苦しい状況が続いていたという。

「あっちゃんは努力の人。AKB48のときも振付ひとつ、どう見せればファンに伝わるのかひとり鏡の前でこだわって練習するタイプ。今回の舞台でも、その場の変更に対して完璧にこなさなければと思い詰めてしまったんだと思います」(前出・舞台関係者)

 そんな前田に寄り添ったのも伊藤だった。

「稽古中から2人は頻繁にLINEのやりとりをしていました。そのうち前田さんは悩みも素直に打ち明けられるようになったみたいで、表情も明るくなりましたね。蘭さんは前田さんにかわいいスタンプを送ったり…。かつてキャンディーズで“センター”を張っていた蘭さんにとって、AKB48でセンターを務め、女優の道を進もうとする前田さんの気持ちを人一倍わかってあげられるんだと思います」(前出・舞台関係者)

 この日2人は、そんな舞台の打ち上げを親しいスタッフと行っていたようだ。中華料理店には4時間半(!)滞在、夜11時前に帰途についた。

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水谷豊 女優の娘・趣里の熱愛発覚も彼氏とは会っていない
AKB48 前田敦子と板野友美が上目づかいで微笑みお茶飲む
水谷豊が現「相棒」・成宮寛貴の舞台観賞したことが話題に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP