ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忙しくても3倍きれいになれる、冬のバスタイムの過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒い冬は、冷えや乾燥が気になる上に、運動不足になりがち。おまけにパーティや忘年会シーズンで、食べ過ぎてしまい、ふと鏡を見たとき「あれ、太ったかも……」と焦ることも。
いつだって素敵な自分でいたいから、今年は冬に負けないきれいを手に入れたい。
その悩み、バスタイムで解決できるかも。まず湯船に浸かって冷えた体をしっかり温めることが、代謝を上げてダイエットや冷え性改善となる第一歩。
さらにバスタイムを有効活用! 忙しい日も髪、身体、顔のお手入れをしながら、3倍きれいをつくるお風呂の過ごし方を紹介します。

いつものトリートメントで「うるつや髪」に


冬は肌だけじゃなく、髪も乾燥してパサパサになりがち。湯船に浸かっている時間を活用して、トリートメント効果をうんと高める「ヘアパック」を。

うるつやヘアパック法

まずは、シャンプー後にタオルで水気をとります。トリートメントを毛先中心に髪全体になじませた後、シャワーキャップをつけます。
その上からタオルを巻き、湯舟で15分ほど時間を置きます。そのあと、洗い流します。
シャワーキャップでスチーム状態をつくることで、キューティクルの隙間からトリートメント成分が効率的に浸透してくれます。また、湯船から上がってくる蒸気がキューティクルをより開く役割もあるそう。
タオルはあらかじめ湯舟のお湯につけて絞り、蒸しタオルにして巻くのもおすすめ。トリートメントの浸透力がさらに高まります。
いつものトリートメントにひと手間、たった15分で、しっとりとまとまり感のある「うるつや髪」が手に入ります。

温活マッサージで肩こりや肌荒れを改善


湯船でヘアパックをしている間は、冷え性に効果的なセルフマッサージをプラス。
そこで試したいのが、リンパの滞りを流して肩こりやむくみも改善する、首や肩、鎖骨回りのマッサージ

温活リンパマッサージ法

1.耳の後ろの少し盛り上がった部位は、耳下腺(じかせん)と呼ばれるリンパのタンク。これを、親指以外の4本の指の腹でグルグルとやさしく回すイメージで指圧します。
2.耳の下から肩に向かい、親指以外の4本の指の腹でギュッギュッと指圧。このとき「痛いな」と感じる人は、リンパ管がつまっているかもしれません。
3.耳の下から肩にかけて2回ほどサッサッとなでるようにさすります。
これだけで、顔や首周りの老廃物が流れてスッキリ。血液の滞りは、その日のうちにリセットしておきたいもの。
このマッサージにはリラックス効果もあるので、睡眠の質も格段に上がるはず。翌朝むくみも疲れもスッキリ目覚められそうです。

メイク落としながらホットマッサージ

体や顔がポカポカと温まってきたところで、顔の筋肉をほぐすようにメイクを落とします。冬は体だけでなく、顔の筋肉まで寒さで硬直しがち
顔には30以上もの筋肉があるといわれますが、その筋肉が衰えるとハリのバランスが保てず、顔のたるみや毛穴の目立ち、小ジワなどが気になる原因につながる可能性があるんです。
体が温まっていると血液や、リンパの流れがよくなるので、入浴中は顔のマッサージにもぴったり
しかし、残業や飲み会続きの日々のなか、メイク落としをして、洗顔をして、さらにマッサージ……なんて丁寧にできる時間を確保することって難しい。そこでおすすめなのが、「skinvill ホットクレンジングジェル」
美容成分を90%配合した贅沢なジェルタイプの洗顔料です。温感マッサージしながらメイクを落とすことができるうえ、ダブル洗顔も不要なので、忙しい女性の強い味方。

skinvill ホットクレンジングジェル/1,886円(税抜)

すっきり落とせる、美容液のようなクレンジング


グレープフルーツの爽やかな香りがバスルームに広がり、気持ちも安らぎます。さらにジェルを顔に広げた瞬間からじんわり温かさを感じます。
この温感によって毛穴を開き、ガンコな毛穴の奥の汚れまでキャッチしてくれるんです。
1.手のひらにジェルを適量(100円玉サイズ)を載せる
2.30秒から1分ほど、くるくると円を描くように顔をマッサージ。もっちりと弾力あるテクスチャーですが、スルスルと滑らかに伸びるので、余計な力を入れることなく肌に負担なくマッサージができます。
3.ぬるま湯でしっかりと洗い流します。
しかも「skinvillホットクレンジングジェル」は無添加で、20種類の保湿成分が入っているので、敏感肌の人も安心して使うことができそうです。さらに今なら、LINE@で友だちに追加すると、すぐに使えるクポーンをゲットできます。

乾燥肌の編集部も試してみました

この時期は、乾燥で悩んでいた編集部員も、余分な水分を奪われず、汚れが落ちているのに洗いあがりの肌がしっとりしていたと好評でした。お風呂上りに慌てて化粧水をつける必要もなく、まるで美容液でメイクを落としたようなうるおい感が心地よかったです。
気になる毛穴の黒ずみもクリアになって、透明感のあるスッキリとした顔の印象になった気がします。
冬のバスタイムは、心身リラックスしてきれいをつくる場所。毎日忙しい仕事で疲れた顔も、血行を改善して筋肉をほぐせばパッと明るい印象に変わります。バスタイムに手軽にできるケアを取り入れて、3倍きれいな自分で師走を乗り切りたいと思います。
>>温でオフする、うるうる美容液クレンジングジェル
[skinvill]
top image, shower, washing woman, woman face via Shutterstock
撮影(商品)/西田嘉彰 文/水野久美


(グリッティ)記事関連リンク
・顔のくすみにはハンドマッサージ。「いい風呂の日」にしたいこと
・潤って、白くなる。私を白雪姫にしてくれる万能クリーム
・肌に良いことばかり!? 知られざるサボテンの驚異の威力

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP