体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネスプレッソのテイスティング“試験”『ゴールド カプセル コンテスト2015』を体験してきた結果

リヴァント:まろやかさと調和 カラメルのような香りと焙煎香
カプリチオ:風味豊かで独特 力強い穀物のような香り かすかな酸味
ヴォリュート:甘くて軽やか 甘いビスケットのような香り フルーティーな香り
コズイー:マイルドでほど良い焙煎 軽くトーストされた穀物のような香り かすかに感じられるフルーティーな香り

味わい・香りを言語化したときにこれだけの違いはありますが、これを感じ取れるかどうかはまた別の話。苦戦する中村選手の姿が印象的でしたが……果たして正答率は50%と健闘! 『ルンゴ』は正答でしたが『エスプレッソ』の難易度が高かったようです。

IMG_2031_f2

聞くところによれば、今年の問題は去年より難しくなっているそうです。うううむ。

実際にチャレンジ 味の違いがわかるか?

IMG_2089_f2 IMG_2063_f2

というわけで、回答用紙の用意されたテーブルに通されたガジェット通信記者であります。『Nespresso』ロゴのエプロンを試着しつつおどけ顔ですが、結構、緊張しています。

IMG_2101_f2 IMG_2099_f2

最初のテイスティングは『ルンゴ』4種から。出された3カップがいずれのテイストなのかを判断しなければいけません。

ソムリエ大越さんの言葉を思い出し、飲む前の香り、口に含んだ時の印象、余韻、それぞれにどんな表情があるのかを探ります。ガチの試験という性質上、今回は解答用紙にどんな銘柄があるのかはお見せできませんが、どんな性格・方向のテイストなのかは記されているので、自分の感覚とその表記を頼りに判断してみました。

IMG_2104_f2

続いては、『エスプレッソ』4種から、出された2つのカップが何であるかという出題。

前のページ 1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会